meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"> あごのしこりニキビの原因と治し方(前編)繰り返すあごニキビは遺伝要因があっても食で治せる。 | さわらないニキビケア

あごのしこりニキビの原因と治し方(前編)繰り返すあごニキビは遺伝要因があっても食で治せる。

男性ホルモン

あごのしこりニキビが食を変えたことでスパっと良くなりました。

「あご ニキビ」で検索しても対策として出てくるのは、

・ホルモンバランスを整える
・優しく洗顔、角質ケア
・バランスの良い食生活
・睡眠しっかり

などで正直うんざりしていませんか?

睡眠しっかり・優しく洗顔・豆乳飲んだ位で良くなる程簡単ではない・・・

それくらいで治るのならこんなに長引いてない・・・

求めている答えがどこにもない!!と。

過去の私もそうでした。

今回の記事は、一般的な原因・対策ではありません。

かわと
かわと

あごニキビ歴17年のかわとが失敗を重ねてたどり着いた方法と原因を体験談を基に語ります。

 

■この記事は以下の悩みをもつ人にオススメです

・あごにできる熱をもつ、赤くて、痛いニキビがどうしたら治るのか知りたい
・あごにしかニキビができなくてホルモンの影響を受けていると感じているが、
どう対処すればよいのかわからない
・食の何があごニキビ(ホルモンバランス)に影響しているのか知りたい

ちなみに、こちらの記事は女性のあごニキビの対策になります。

では、早速いきましょう。

<スポンサーリンク>

あごのしこりニキビの原因


それは、あなたもお気づきの通り男性ホルモンの働きが強くなっているからです。

過剰な男性ホルモンが、男性ではヒゲが生える場所にニキビとしてあらわれています。

あごは男性ホルモンをキャッチする受容体(レセプター)が多くあります。

あごニキビはこの受容体への影響が強くなっているあらわれということですね。

仕組みとしては以下の通り。

 

右側はホルモンの名称と血液中での流れです。

テストステロンという男性ホルモンが酵素(5αリクターゼ)の働きによりDHTという強いエネルギーを持つホルモンに変わり血液中に放出されます。

体内をめぐり皮膚にある男性ホルモンをキャッチする受容体と結びつき、

皮脂線や毛穴に作用します。

男性ホルモンは皮脂をたくさん出したり、毛穴を詰まらせる作用があります。

あごニキビに悩む私達はこの働きが通常より活発になっているということです。

男性ホルモンが正常値でもあごニキビができる理由

単にあごニキビといってもタイプが2つあります。

・男性ホルモン値そのものが高い

・男性ホルモン値は正常だが、アンドロゲン受容体との結びつきが強い
(ホルモンに過敏に反応、赤矢印)

私はタイプ②です。ホルモン値は正常でした。

イライラしたり、緊張するとすぐにあごがむずむず、ぼこっとニキビが出現します。

そんなに分かりやすく反応しなくてもいいのにという程。

このタイプは以下のようなイメージです。(私の脳内変換ですのでご参考まで)

ニキビに悩まされないタイプは、毎回全ての男性ホルモンに反応しません(図左)

タイプ②は男性ホルモンがきたら受け取らなくちゃ!絶対とらなくちゃ!

とがんばってキャッチしてしまうのですね。

そして作ったDHTをせっせと運び皮脂腺を増やしたり、毛穴に働きかけます。

こういうゲームや栗拾いでしたら全て受け取ってOKなのですが、

男性ホルモンを全てキャッチされたら=ニキビの基ですのでたまったものではありません。

しかし、この男性ホルモンをキャッチしてしまう習性、体質(遺伝)によるところが大きいと言われています。

それなら、私達にできることは何かというと、こちら。

全てキャッチしてしまうのなら、男性ホルモンを大量分泌しないようにするしかありません。

ここを減らせば、その後のニキビへの道も細くなります

||| から || にしましょう。

では早速、男性ホルモン値を低くする方法について見ていきます。

今回は、対処療法ではなく食生活です。

なぜなら私の経験から、

・ピルを飲んでいても(ホルモン療法)やめた途端あごニキビが復活
・ストレスが特になくてもあごニキビはできる

からです。

あごニキビの原因はストレスを始めとする複合的な要因と言われますが、

メインは食事だと思います。

かわと
かわと

実は、男性ホルモンを分泌させやすい食習慣・食べ物があるのです。

まずは、あごニキビを悪化させている食について特定することから始めましょう。

ここで、あなたの食生活について質問です。当てはまるものはありますか?

・和食よりも洋食派
・野菜を食べるとお腹いっぱいになるのでメインのお肉+米(パン)から食べたい
・食事は良くかまずに味があるうちに飲み込みたい
・デザートから食べたりする
・なんでもチーズをかけたら美味しくなるでしょ!なチーズマニア
・白いパンが好き
・白くてふわふわの甘いお菓子が大好き
・すきっ腹にパンケーキ、ドーナツ最高

いかがでしたか?該当する物が多い程伸びしろがありますのでOKですよ。

あごのしこりニキビの治し方


では、男性ホルモンの分泌を抑える食生活について1つずつ見ていきましょう。

血糖値コントロール

血糖値というと糖尿病やダイエットを連想しますが、ニキビにも大いに関係があるのです。

食べ物を口に入れると血液中の糖分が増えてエネルギーになるのですが、

一気に糖分(血糖値)が増えると血管が傷つくのでそれを抑えようとインスリンというホルモンが出ます。

インスリンだけ出て血糖値が下がり安定するで終わればいいのですが、そうはいきません。

インスリンが引き金となり、男性ホルモンまで刺激されてしまうのです。

一気に血糖値上がれば一気に下げようと体は調整しますから、

同じように男性ホルモンも右へ倣(なら)えと分泌されます。

 

かわと
かわと

高血糖になる=インスリン出る=男性ホルモン出る=ニキビのもと、という図式ですね!

実際にそれを裏付ける論文もあります。(1)

では、血糖値を安定させる食べ方はどのような方法なのでしょうか。

それは、食べ順・血糖値を一気に上げるものを控えるの2つです。

□食べ順

 

①低GIの物から食べる
②食事➡おやつまで一気にいく
③間食をしたい時はナッツ+α

食べ順ダイエット、昔流行りましたよね。

血糖値の上昇をゆるやかにするために、コース料理のようにサラダ(野菜)→ スープ →メイン(魚・肉)→米・パンという順番を意識して食べるというものです。

これが、遠回りのようでニキビなしにつながるのです!

いきなり、お米からや白いパンをほおばる・甘い物から攻めずに、

野菜・海藻類から食べるのがニキビと距離を置くポイントになります。

そして、よく噛んで下さい。

100回とか言いますが私には無理でした。でも、20回は噛みましょう。

これならあなたにもできる!

食べ物の原型がなくなりもんじゃ焼き状態になるまで噛んで下さいね。

ニキビができる人は、消化能力が弱い人が多いです。

胃腸をいたわることで同じものを食べていても体へのダメージがかわってきますよ。

野菜を食べていない方は、少しでも食べましょう。ミニトマトから。

生野菜でもいいのですが、蒸し野菜、味噌汁やスープ、鍋にしてかさを減らすとたくさん食べられますね。

白いパンにしたい時はサンドイッチにするか、サラダの後にパンを食べましょう。

食後の血糖値の上がりやすさを示すGI値一覧を載せましたので見て下さい。

まずは穀物!

■穀物GI値一覧

・食パン:95←小麦粉
・精白米:88

・うどん:85
・餅:85
・パスタ(精白):65
・玄米:55
・ライ麦パン:55
・そば:54
・中華麺:50
・大豆:30

小麦粉のGI値はやはり高いですね。

白米もGI値が高いのでお米から食べるのはやめましょうね!(肉丼は魅惑的ですけどね)

白米を食べている人は、分つき米にするか、雑穀を混ぜて炊くのがいいですね。

次は、野菜・きのこ・海藻類のGI値一覧です。

主食になるようなイモ類はGI値が高いですね。緑黄色野菜の低さが際立っています。

■野菜・きのこ・海藻類GI値一覧

ジャガイモ:90
ニンジン:80
トウモロコシ:75
カボチャ:65
サツマイモ:55
きのこ:40以下
海藻:30以下
トマト:30

オクラ:28
キャベツ:26
大根:26
ピーマン:26
ナス:25
ブロッコリー:25
ほうれん草:15

ニキビ予防には、低GI値の食品から食べることが肝腎ですので心掛けて下さいね。

色々書いてきましたが、これだけは忘れないで下さい。

たっぷりの野菜類を一番始めによく噛んで食べる!

これだけで私は肌状態良くなりましたよ。顔から出る油が減った気がします。

(おそらく相対的に肉などの量が減っているからだと思いますが)

お菓子


お菓子ももちろん食べていいですよ!

でも、ルールがあります。

食後の血糖値が上がっている時に食べるようにして下さい。

これでダメージが少なくて済みます。

すきっ腹に甘い物は一気に血糖値を上げるので控えて下さい。

どうしても食べたい時はナッツ類(くるみやアーモンド)を少量食べてから

本番の食べたいおやつを食べましょう。

ナッツは噛み応えがありますし、カロリーもあるので少量で満足感が得られ、

その後にお菓子を食べすぎることを防げます。

■ナッツ類GI値

カシューナッツ:34
アーモンド:30
ピーナッツ:28
マカダミアナッツ:27
ピスタチオ:18
くるみ:18

プラスして私は男性ホルモン値を下げるお茶も一緒に飲んでいます。(後編にて)

という訳で、あごのしこりニキビの原因と治し方前編については以上です。

最後にまとめますね!

まとめ

・あごのしこりニキビの原因は男性ホルモンの活性化
・ホルモン値(テストステロン)は正常でも5αラクターゼが活性化している体質だとニキビはできやすい
・対策は、男性ホルモンを分泌させない食習慣にすること。
→血糖値を不安定にしない(高血糖になる→インスリン出る→男性ホルモン出る→ニキビのもと)
・食べ順を意識
■食事は野菜・海藻・豆など低GIのものをたっぷりよく噛んで食べることから。
■おやつは食後に or 間食はナッツなどを食べてから。

後半はこちらです。

ニキビができない食生活に一気に変えるのは大変なので、

まずは今回お伝えした野菜・海藻・豆・きのこなどの低GI食品に体・胃・口・脳が慣れることが大事だと身を持って感じています。

慣れた頃にはお肌の調子がよくなってきますよ。

肌が変わるともっと試してみたくなると思うはず!

今日から食べ順でニキビ予防!野菜やキノコ・海藻などを多めに食べてみて下さいね!

参考文献(1)

  1. Noor Hasnani Ismail, (2012) “High glycemic load diet, milk and ice cream consumption are related to acne vulgaris in Malaysian young adults: a case control study” BMC Dermatol. 2012 Aug 16;12:13. doi: 10.1186/1471-5945-12-13. PMID: 22898209

 

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました