meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"> あごのしこりニキビの治し方(後編)ラスボスはやはり〇〇〇だった! | さわらないニキビケア

あごのしこりニキビの治し方(後編)ラスボスはやはり〇〇〇だった!

男性ホルモン

前回、あごニキビ予防には血糖値のコントロールが遠回りのようで実は大事。

高血糖になる→インスリン出る→男性ホルモン出る→ニキビのもと

というお話をしました。

食べ物のGI値、食べる順番についてみてきましたね!

今回は後半、レベルアップして一気にあごニキビ撲滅へ進みますよ!!

17年間あごがニキビでぐちゃぐちゃだった私に効果があったのだから、あなたにも効果ありますよ。

<スポンサーリンク>

男性ホルモン分泌を抑えニキビなしにする食生活(後編)

血糖値を一気に上げるものを避ける

そんな分かりやすい食べ物が、実はあるのです。

それは、未精製の食べ物。

具体的には白砂糖グリアジンです。

グリアジンはグルテンを作るタンパク質の一種です、つまり小麦粉

白砂糖と小麦粉は血糖値を急激に上げるのです。

でも、白いパンが好きでどうしようもないという人もいますね。

そんなあなたは米粉・玄米粉で作ったパンを食べてみることから始めましょう。

今は市販品も多く出ています。

パンは米粉に変えて、パスタやうどんも米粉のものにするか、

しばらくは和食のご飯にして小麦粉を控えてみて下さい。

ニキビの反応をみながら2~3週間程抜くと変化がわかります。

白砂糖は他の砂糖にかえましょう。

乳製品を控える

乳製品が、あごニキビのラスボスです。

あごニキビは男性ホルモンの影響そのものというのは前編でお伝えしましたが、

その男性ホルモンを何倍にも増やしてニキビを作るもとになっているのが乳製品なのです。

牛のミルクにはプロゲステロン・IGF-1というホルモンが入っています。

なんとこれ、人間と同じホルモンです。

牛のホルモンなのですが、人間の体に入れば同じように作用するのです。

プロゲステロンは黄体ホルモン。

生理前になると皮膚を固くしたり、毛穴をふさいだり、皮脂の分泌を増やす働きがあります。

IGF-1も皮脂腺を増やしたり、皮脂量を増やす働きがあります。

元々私達の体で作られるホルモン+牛のホルモン

普通に考えても2倍。

なのですが、実際はそれ以上。

乳製品を取ることで私達の体が元々作っているIGF-1がより一層生産されるようにスイッチが入ってしまい、

通常より多くの男性ホルモンが分泌されるようになります。

図でいうと、乳製品をとることで赤矢印に一気に向かってしまうということです↓


今は植物性ミルクやチーズも種類が豊富ですから一度試して下さいね!

という訳で、男性ホルモンを分泌させない食事法については以上です。

次は、分泌された後に下げる方法です。イメージとしてはこのような感じ。

プラスして、ニキビ予防しましょう。

男性ホルモン値を下げるもの

ハーブティー・野草茶


男性ホルモン値を下げる飲み物は結構あります!

・スペアミントティー
・牡丹(ぼたん)茶 →中国茶。白い紅茶とも言われています
・甘草(かんぞう)茶 →漢方によく使われている甘みがある草。日本でも栽培されている
・霊芝(れいし)茶 →マンネンダケというきのこ
・のこぎりやし茶 →アメリカに自生するヤシ科のハーブ
・緑茶

私達になじみのある緑茶が入っていますね!

緑茶に含まれるエピガロカテキンは5α-レダクターゼ阻害剤であり、DHTの生成を減少させる効果がありますよ。

カフェインが入っていないものが良い場合は、他のお茶を試してみて下さいね。

今私が飲んでいるのはこちら

なお、これらのお茶は授乳中・妊娠中の方は控えましょう。

アロマ


次は香り。

香りで男性ホルモン値を低下させることができるなんて他力本願な私は嬉しかったです(笑)

■テストステロン濃度を低下させる香料成分

・ベルガモットオイル
・オレンジオイル
・ヤロウオイル
・カルダモンオイル
・ローズマリーオイル

(引用元:公開特許公報(A)男性ホルモン調整用香料組成物)

この中でお気に入りの香りはありますか?

好きな香りがこの中にあるのだとしたら、本能で選んでいますよね。

私はアールグレイ(紅茶)の香りであるベルガモットが好きですね。

いつもアールグレイ飲んでいます。

神経の緊張を和らげる効果があるので、「落ち着け!男性ホルモン抑えろ」と無意識に選んでいるのかもしれません。

使う場合は、アロマディフューザーがなくともハンカチやタオル・洋服の裏側に1滴たらしてふわっと自然な香りを楽しむことができます。

コップ1杯のお湯に精油をたらすと、部屋中その香りで包まれるので私は気に入っています。

家でのリラックスタイムに試してみて下さい。

運動


男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)は、運動をして汗をかくことで体外へ排出することができます。

運動不足、汗をかきにくい体質ではありませんか?

運動といってもハードなものではなく、汗をじんわりかく程度のものでOKです。

30分速足ウォーキング位のイメージです。

これでも、運動していない人にとっては大変ですよね・・・(^^;)

参考までに、運動嫌いの私がやっているのはこちらです。

「運動初心者さん専用」です。

70代のおばあちゃんもやっているというコメントを見かけて、挑戦!

音楽に合わせて動くのが楽しいです。

初心者用でも、汗かきますよ。

動き方も「ご飯だよのドラ叩き」「人参引っこ抜くように」が特に分かりやすかったです。

私でも汗をかけるようになりましたのであなたも汗をかける体質、

男性ホルモンを排出できる体質にかえていきましょう!!

最後にまとめます。

まとめ

あごのしこりニキビを治す食習慣(後編)
・血糖値を一気に上げる白砂糖・小麦粉は代替を利用しながら減らしていく
・乳製品は男性ホルモンに影響を与えニキビのもとになるので控える

男性ホルモン値を下げるもの
■ハーブティー、野草茶(緑茶・スペアミントティー・牡丹茶など)
■アロマ(ローズマリー・カルダモン・オレンジなど)
■有酸素運動(じんわり汗をかく程度)

いかがでしたか?

白砂糖・小麦・乳製品は中々やめるのが難しいですよね。それぞれ1つずつ抜いていき肌の変化をチェックしてみて下さいね。

今回も、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました