meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"> 汗でかゆみ。 | さわらないニキビケア

汗でかゆみ!原因と対策。この夏はかゆみ・赤みとは無縁で過ごそう

非接触生活

汗をふきとりシートでぬぐうのは、敏感肌の人にとっては余計に肌が弱くなります。

汗ふきシート・制汗スプレーをやめてみませんか。

そうはいっても汗で顔や首がかゆくてしょうがない、化粧もとれるし、かゆくて赤くなりイライラするしどうすればいいの!?

そんな方におすすめの方法をやってみましたので、ご紹介します。

<スポンサーリンク>

汗でかゆみ!原因は

新緑の季節が終わり梅雨が近づくと、じめじめムシムシして汗をかきますよね。

出はじめの汗でかゆくなったことはありませんか?

肌は通常は弱酸性で、この状態で肌はバリア機能を保つことができます。

しかし、汗はアルカリ性です。

放置すると肌はアルカリ性に傾きます。

アルカリ性ではバリア機能は正常に働かないので、肌への刺激となりかゆみや赤みが出るのです。

汗は肌にとって刺激となるのなら、拭きとればいいだけなのでは?と思いますが、

次はその辺りを見ていきましょう。

汗でかゆみ!対策は


汗についての対策は以下の通りです。

顔は水で汗を洗い流します。

体は濡れタオルで拭きます。

乾いたタオルではだめなのです。

なぜなら、肌についた汗のミネラル分が乾いたタオルではとれません。

(抜粋元:非接触皮膚科学)

かわと
かわと

乾いたタオルではかゆいままなので、
ぬらしたタオルで拭くというのがポイントなのですね

この対策は「非接触皮膚科学」でおすすめされている方法で、肌をいためる物を避けることで肌トラブルをなくすことを提案されています。

そうは言っても、ぬらしたタオルをその後持ち歩くのも嫌ですし、そう何枚もタオルを持ち歩けないですよね。

そんな時にはこちらです。

私は、非接触生活おすすめのエリエール無漂白のペーパータオルを持ち歩き、水で濡らして汗をふき取ります。

このペーパータオルはセリアにも売っています。

持ち運びも軽いですし、使用後は捨てられますのでおすすめです。

袋から出して持ち歩く際は、かばんの中で他の物とふれないようチャックできる袋などに入れるのが良いですね。

では、もう一度おさらいです。

汗は洗い流す、または濡れタオルで拭くことが大事。

ポイントは、汗のかゆみはぬらさないと取れないということですね。

私は体は汗をかいても特にひどい反応は出ていなかったのですが、首についてはこれでトラブルが良くなりました。

そんな私ですが、昔は汗拭きシートを使うこともありました。

便利ですし良い香りがしますし。

しかし、皮膚の仕組みを知り捨てました。

次はそちらについてです。

<スポンサーリンク>

汗拭きシートをやめて常在菌のバランスを整えよう!


肌には絶妙なバランスで多くの常在菌がいて、肌の健康を守っています。

汗拭きシートや制汗スプレーに含まれる抗菌剤はこの常在菌を殺してしまいます。

いやなニオイを生み出す菌だけ殺してくれれば助かるのですが、実際はそうではなく良い働きをする菌まで退治してしまうのです。

これによって常在菌のバランスが崩れると、皮膚が乾燥したりいやなにおいがしてきます。

キレイにしようと思いケアをやりすぎると、かえって逆効果なのですよね。

それに比べて濡れタオル(ペーパータオル)で拭くだけでならお金も(ほとんど)かからないし、におわないし、よいことばかりですよね。

今回は汗でかゆみがおきたときの対策についてお伝えしました。

最後にまとめます。

まとめ

・汗によるかゆみの対策は、①水で洗い流す②濡れタオルでふく
・濡れタオルでミネラルを拭かないとかゆみはとれない
・エリエールのペーパータオル(無漂白)が使用後捨てられるので便利
・汗ふきシートや制汗剤は皮膚常在菌のバランスを崩し、よりいっそうにおいやすくなる

私はもう何年も汗ふきシート使っていませんが、特に支障はないです。

匂いもしません(真実を言ってもらえる家族などに確認しています)

濡らしたタオルで拭くなんて最初知った時はそんな簡単な方法で!?と思いました。

多くの人に知ってもらえるといいなと思います。

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました