meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"> 肌断食とは?やり方と効果。美肌の秘訣はターンオーバーと肌理にあり。 | さわらないニキビケア

肌断食とは?やり方と効果。美肌の秘訣はターンオーバーと肌理にあり。

肌断食

「肌断食(はだだんじき)」という言葉。

聞いたことはあるけれど、詳しいやり方までは知らないそこのあなた。

ネットで調べてみても、「やめた方がいい」や「挫折した」など出てきて

成功談・失敗談どちらを信じてよいかわからない!なんてことはありませんか?

そこで今回は、肌断食はなぜ肌によいのか、失敗しないやり方、続けるとどのような効果があるのかみていきたいと思います。

<スポンサーリンク>

肌断食とは?


肌断食とは、化粧水や乳液などのスキンケアをしないことで肌本来の再生力を高める美容法です。

ところで、「肌本来の再生力」って何でしょうか?

それは、

・自らうるおう力
・肌を守るバリア力 です。

子どもの健康な肌のように何もつけなくても乾燥せずにうるおっている。

エアコンガンガンでも肌の水分が出ていかなくて、何かふれてもついても赤くかゆくならないトラブル知らず。

そんなお肌理想ですよね!

この再生力を高める為に洗顔料や化粧品を使わずスキンケア断ちをすることでお肌を整えます。

しかし、これまで美肌になりたくて・乾燥しない為にスキンケアしていたのに、それらをやめることが本当に肌の再生になるのかと疑いたくなりますよね。

そんな方に向けて、まずはお肌の仕組みからみていきたいと思います。

美肌を作るには肌理がふっくらしていることが必要で、その肌理をなくす行為が今までのスキンケアであったと知ったら画面を閉じたくなりますが・・・

真実を知ることが美肌への近道であると思い私は突き進んできました。

そんな肌断食も始めてからもうすぐ5年ですが、肌の調子は良いです。

すぐに肌断食のやり方を見たい方は飛ばして下さいね。

肌断食でターンオーバーを整える

お肌は毎日生まれ変わっています。

1つ垢としてはがれたら、それがサインとなり新しい細胞が生まれます。

ですが、垢として自然にはがれるには1つ条件があります。

それは、肌の表面がサラサラであること です。

化粧品をつけていると、水分や油分で「しっとり」しますよね?

乳液でフタをするというのはよく聞きますが、フタをしてしまうと垢としてうまくはがれなくなるのです。

はがれないとどうなるのかというと、新しい細胞が生まれにくくなり、皮膚が薄く弱くなってしまいます。(通称ビニール肌)

そうなると、乾燥してしまいしわができやすくなったり異物が肌に入り炎症を起こして赤みや痛みにつながるなるなどトラブルになってしまうのです。

自然に落ちないからといってピーリングジェルなどで、ポロポロ垢をはがすのもよくありません。

そうすると、成長していない未熟なお肌が表面に出てしまいうるおう力も肌を守ることもできないからです。

つまり、ターンオーバーは早くても・遅くてもよくないのです。

約28日周期のターンオーバーの時に、お肌の一番表面の角層は熟成してうるおう力・肌を守る力を最大限に発揮できるのです。

かわと
かわと

その自然な肌のうるおい・守る力を育てるのが肌断食なのですね。

肌断食でバリア力を強くする

青枠で囲んだの角質層(かくしつそう)に注目して下さい。

よく見ると、楕円形の〇が規則的に並んでいるのがわかります。楕円形の〇とその隙間をうめるようにピンク色の背景があります。

家の造りでいうと、レンガとモルタル(レンガ同士をくっつける)にたとえられます。

この2つのかみ合わせにより、外から異物が入らなかったり、中の水分が蒸発して乾燥しないようにガートしてくれています。

肌に絵の具がついても泥がついても体の中に入ってこないように守ってくれている訳です。

ところで、なぜ肌断食をするとこのバリア力が強くなるのでしょうか。

それは、化粧品に含まれる界面活性剤はこのモルタル部分をいとも簡単に溶かしてしまうからです。

モルタルが崩れると、レンガも支えを失って崩れてしまいます。

家の壁が崩れたら、丸見えですし、風も雨もしのげません。

お肌も同様にバリア機能がなくなっている訳ですから、トラブルにつながってしまうということです。

でも、大丈夫。

界面活性剤を使わなければお肌は再生します。

では、いざ肌断食スタート!!

といきたい所ですが、いきなり今までやっていたスキンケアを断つのはトラブルの元です。

これまでスキンケアしていた期間が長い・トラブルがあればあるほど再生力は落ちています。

ですから、肌の再生力を高めながらのシンプルスキンケアから始めるのがコツです。

ダイエットでもいきなり1食抜くのはリバウンドの元ですよね?

まずは、今食べているものを野菜中心や植物性の体にやさしい物に置き換えるということから始めた方が良いのは誰でもわかりますね。

では、シンプルスキンケアから始める肌断食の方法を見ていきましょう。

肌断食のやり方

シンプルスキンケア

まずは、クレンジングをやめること です。

肌にとって最も負担になるのはクレンジングです。

特にリキッドタイプには界面活性剤が多く含まれています。

使うと肌に残り、その残った界面活性剤を落とすためにダブル洗顔が必要になります。

そうなると、必要な皮脂までそぎ落してしまうことになります。

皮脂がない肌は乾燥し、化粧品に頼らざるを得なくなるのです。

クレンジングはリキッド→クリーム→ジェルタイプの順で刺激が少なくなるので、まずはそこから変えていきましょう。

基礎化粧品も1ヵ月で1アイテム減らすというように長い目で減らしていくのが良いと思います。

クリーム・乳液・オイルなど減らしていき化粧水のみでスキンケアは完了となるまでいけば
肌も再生してきているのではないでしょうか。

お休みの日など1日中メイクしていない日は、夜の石鹸洗顔をやめて水(ぬるま湯)で顔を洗ってみて下さい。

皮脂は水(ぬるま湯)で落ちます。

意外と石鹸がなくても平気と思うかもしれません(私がそうでした)。

スキンケアを減らすと同時に、クレンジングをしなくてもけっせんのみで落ちるメイク用品に徐々に変えていくことで肌への負担を減らしていきます。

化粧品を選ぶ際には、界面活性剤が入っていないもの・シリコンが入っていないミネラルファンデーションなどを選んで下さいね。

私はファンデーションやチークはetvos(エトヴォス)を使っていましたが、おしろいなどでもコスパの良い物がありますよね。

現在は、サウンドスタイルのシンプルファンデーションに落ち着きました。

マスカラもお湯で落ちるものにかえましたが、アイライナーなどのポイントメイクまでやめるのはストレスがたまるので、アイメイクは楽しみながら・ポイントメイク落としを使いながら素肌のみシンプルスキンケアをすることに集中しました。

シンプルスキンケアのポイントは、

・クレンジングをやめる(リキッド→クリーム→ジェルの順)
・基礎化粧品を減らしていく(オイル・乳液・美容液をやめ化粧水のみ)
・せっけんやお湯で落ちるメイクにする
・すっぴんの日は水(ぬるま湯)洗顔をしてみる

です。

夜だけ肌断食


シンプルスキンケアに慣れてきたら、次は夜だけ肌断食です。

これまでは洗顔の後は化粧水をつけてきましたが、夜せっけんで洗ったら何もつけません。

(メイクしていない時は水だけで洗顔)

乾燥する場合はワセリンをうすく伸ばしてつけて下さい。

睡眠中は細胞分裂も活発になりますので、この時に肌に何もつけない事により肌が少しずつ回復していきます。

たとえば、

・皮脂分泌が正常になる
・保湿成分が作り出される
・バリア機能が高まってくる

などです。

毎日夜のみ化粧水をつけないでいるだけで、肌触りも変わってきてモチベーションアップになりますよ。

翌朝はこれまで通り洗顔料+化粧水でも、水だけ洗顔+化粧水でもできる範囲でやって下さいね。

かわと
かわと

意外と水洗顔だけいけるものなのね、とわかり嬉しくなりました。

ここまでくると、完全な肌断食まであと少しです。

完全な肌断食

水(ぬるま湯)洗顔のみで、乾燥する時のみワセリンをぬるという究極にシンプルなスキンケアです。

肌が回復してくると、真冬でもワセリンいらずの肌になれます。

ここまで肌断食のやり方についてみてきましたが、注意点を書いていきますね。

肌断食成功のカギは?

●一気にやらない

ダイエットの目安として1ヵ月に減らすのは体重の5%までといいますよね?

肌断食も同じで一気に進めるとリバウンドしてしまう方もいます。

肌トラブルがある・化粧品を使っていた期間が長かれば長いほど肌は痛んでいるので再生に時間がかかります。

肌の状態を見ながら少しずつシンプルスキンケアに移行して下さいね。

美肌は1日にして成らずで、長期戦で取り組みましょう。

●肌のコンディションが良い時に始める

 肌断食を始める時期ですが、季節で言うと乾燥する冬・毎月だと生理前後など敏感になる時は避ける方が良いと思います。

●好転反応が出るという前提で挑戦する

これまでは化粧品で補っていましたが自分の素の肌状態があらわになるので、大抵の人は肌が乾燥します。

それがある意味普通、誰もが通る道と捉えてメンタルを保ちつつやりましょう。

では、肌断食を続けるとどのような効果があるのでしょうか。

<スポンサーリンク>

肌断食の効果

過剰なスキンケアをしないことで、ターンオーバーが整い・肌理が整うと以下のような効果があります。

・くすみがとれる(透明感が出てくる)
・乾燥しなくなる
・ニキビが落ち着く
・しみがうすくなる(しみができにくくなる)
・赤み・かゆみが出なくなる

など肌全体の基礎体力が上がるので、トラブルが改善されてきます。

(イメージ 肌バリアの強い肌・弱い肌の比較)

肌断食効果が出るのはいつから?

では、どの位で効果を感じるのでしょうか。ツイッターでこのような投稿がありました。

次は私の経験談です。

●2週間

ニキビや皮脂のテカリが良くなりました。

私のニキビはいじりすぎ・化粧品による肌バリア崩壊で悪くなる一方であったと思っています。

何もつけないことでまずは刺激ゼロにして肌再生を促し、そして洗い過ぎをやめ正常な皮脂分泌になりニキビ・テカリが良くなったのだと感じています。

●1ヵ月

肌がサラサラを実感。本来の肌表面はこのような感じなのねと悟りました。

●3ヵ月
肌が変わってきて「ふっくらしてくる」と感じる・効果を実感し始める時です。

私の妹もこの時期に調子が良くなってきたと言っていました。

これは、今まで肌理が浅くお肌が薄くピンと張っていたけれど、肌理が深くなり肌の弾力が上がったということですね。

私はこの辺りで肌が白くなったと思いました。くすみがとれてきたのだと感じます。

●1年~

しみ・しわの改善は年単位の長期戦になることが多いようです。

肌の再生はゆっくりなのだと感じますね。

以上、今回は肌断食のやり方と効果についてでした。

まとめ

・肌断食は自らうるおう力・外からの刺激から守る力を再生する美容法。
・スキンケアしないことで、ターンオーバー・肌理が整うので様々な肌トラブルが改善される。
・挫折しないコツは一気にやらないことで、シンプルスキンケア・夜だけ肌断食をしながら少しずつ基礎化粧品を減らす。・メイク用品は石鹸で落ちるものに変えていく。
・始める時期は、乾燥する冬や肌が敏感になる時は避け、肌のコンディションの良い時に始める
・効果は3ヵ月位で感じ始める人が多い
・しみ、しわの効果は年単位の長期戦になる場合が多い

肌断食中の化粧・紫外線対策についてはこちら

肌断食中の化粧・紫外線対策のやり方。日焼け止めをぬらない方が白くなりました。
肌断食をやりたいけれど、日焼け止めをぬらないのは不安と思ったことはありませんか?日焼けをしたら何が困るって将来シミになることですよね!?私もそうでした。ところが、肌断食について調べていると、「日焼けをしても肌が痛んでいなければシミにならない

肌断食を知った時、肌に何もつけないなんてそんな事して大丈夫!?と疑問だらけでしたが、いざやってみると何もつけないのがこんなにも心地よく快適なのねと180度見方が変わりました。更に今では、「非接触生活(ひせっしょくせいかつ)」というケミカルなものが肌にふれないことで美肌になる方法をやり、毛穴撲滅にいそしんでいます。
肌断食であなたの肌がすこやかになりますように!

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました