meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"> 乳製品でニキビが悪化? | さわらないニキビケア

乳製品でニキビができる?乳製品の取り過ぎによる皮膚の〇〇〇と代替品について。

ニキビと食べ物

あなたのニキビの原因の1つに乳製品があるかもしれません。

乳製品でニキビが悪化する人は一定数おり、代替品でコントロールしている人も多いです。

そこで今回は、乳製品でニキビが悪化する主な原因と対策についてみていきます。

ニキビができる理由を知り、乳製品をほどよく楽しむ方法を考えましょう。

<スポンサーリンク>

乳製品でニキビが悪化する理由は?


まずは、結論からいきますね!

①牛乳は脂肪分が多い
②牛乳に含まれるホルモンにより皮脂分泌・毛穴が狭く・小さくなり毛穴がつまりやすくなる
(タイトルの〇〇〇は毛穴のむくみ)

これらにより取り過ぎるとニキビが悪化すると言われています。

詳しく見ていきましょう!

◆牛乳には脂肪分が多い


乳製品と言っても、牛乳以外にチーズ・バター・生クリーム・ヨーグルトなどたくさんありますが、主な原材料は牛乳です。

牛乳は液体でサラサラしていますが、脂肪分は多いのです。(液体脂肪と言われることもある)

脂肪分が多いものは消化に時間も負担もかかります。

食器洗いでも揚げ物をした鍋を洗う時は時間もかかりますし、洗剤も必要ですし、お湯もたくさん使いますよね?

ギトギトのお皿いっぱいで洗剤足りない、お湯だけで洗うの限界となったらどうなるでしょう。

ギトギトのお皿が山積みとなり、シンクから、台所からあふれ出します。

人間の体の場合そのギトギトの油、消化能力を超えた脂肪分は肌からも少しは出てきます。

肌(皮膚)は排泄器官の役割もあるのです。

通常は胃で消化され腸で吸収され残りは便となって出ていくルートですが、

胃腸のキャパオーバーの分はお肌からも出てきます。

白っぽいニキビができやすい人は乳製品の脂肪分が影響している可能性がありますので、

自分にできるニキビがどのような色かチェックしてみて下さいね。

◆牛乳に含まれるホルモンによるもの


牛乳って元々何かと言いますと、子牛のミルク、人間で言えば母乳、

成長するための栄養そのものですよね。

牛の成長って早いのですよ、1年で大人の牛になる位です。

なので、牛乳には体を大きくさせるホルモンや成長・成熟させるホルモンが入っています。

ですので、大量に乳製品をとると元々人間の体で作っているホルモンを刺激します。

意外ですが、牛と人間のホルモンで同一の種類のものがあり、

牛のホルモンなのに私達の体は区別がつかずに反応してしまうのです。

例えば、IGF-1というホルモンが必要以上に増えると皮脂の分泌も増えてしまいます

その他にもプロゲステロンというホルモンは黄体ホルモンとして有名ですが、

牛乳にも多く含まれています。

よく聞くのは食欲がふえる・水分をため込むという作用ですね。

生理前になると足や手がむくむという人いませんか?

これは、足や手以外にも顔でも、もっと言えば皮膚でも起こっています

皮膚がむくむとその分毛穴が狭くなり細くなります

そこに皮脂がたくさん出てきたら通れない、渋滞しますよね?

通れない=毛穴のつまり 大渋滞=ニキビ という訳です。

かわと
かわと

乳製品に含まれるホルモンの作用により、皮脂の分泌が増え、毛穴も細く狭くなりつまりやすくなる→ニキビが悪化するという流れになるのですね!

次は対策を見ていきます。

対策は乳製品を控える?代替品は?



どれだけの乳製品を取ったらニキビができるかは消化能力により人それぞれです。

まずは、乳製品を控えることから始めましょう。

脂肪分の多い乳製品

バター・生クリーム・アイスクリーム・チーズは濃厚でとっても美味しいのですが、

それゆえに脂肪分たっぷりです。

まずは、この脂肪分が多い乳製品を控えることから始めてみて下さい。

ヨーグルトは腸内環境を整える作用もあるので、一概に悪いとはいえません。

しかし、毎日のヨーグルトが原因でニキビになっていたという人もいます。

このような感じで自分で原因を確かめるしかないのですよね。

いきなりやめるのは辛いので豆乳ヨーグルトにかえてみて様子を見るのがいいかもしれません。

次は代替品についてです。

乳製品の代替品

中々毎日の牛乳がやめられないという人もいます。

そんなあなたには、ライス(米)ミルク、アーモンドミルク、オーツ(麦)ミルク、ココナッツミルクなどいかがでしょうか。

意外に代わりになるものはあるのですよ。

珍しい所で、エント(昆虫由来)ミルクという物もあるようです。

かわと
かわと

なんだかクリーミーな気がしますが(蚕を想像)、飲むには勇気がいりそうです。

栄養分は多そうなので昆虫ミルク近い将来流行るかもしれませんね!

まずは牛乳の代わりになるものから。

◆豆乳

日本では牛乳の代わりというと豆乳ですよね。豆腐屋さん豆乳は濃厚で美味しいです。

タンパク質も豊富なので牛乳の代わりにはもってこい!

ですが、クセが気になるという人もいるのではないでしょうか。

牛乳の代わりに豆乳を珈琲に入れても豆腐の存在感が気になりませんか?私はそうでした。

そんな私と同じ嗜好のあなたにはプロヴァメルの豆乳でしたら気に入るかもしれません。

砂糖なし、ありがありますのでパッケージをよく見て下さいね。
(「Nosugars」の赤字があるかないか)

◆ライスドリンク

↑こちらは私が愛飲しているbridgeのライス(米)ドリンクです。

ライスドリンクというと、米のとぎ汁?と一瞬思いますが、違います。

牛乳よりかは甘酒に近いのですが、甘酒の糀感がないさらさらしていて飲みやすいミルクです。

私はたんぽぽコーヒーと混ぜてカフェオレ風にして飲むのが好きです。

原材料は、有機米・有機食用ひまわり油・有機食用紅花油・食塩


言われてみれば、少々油が入っている味ですが、気にならず軽くて胃もたれしません。

賞味期限も長く(今回の場合、購入時から半年後)常温保存ができるのもいいですね。

国産もありますよ。

こちらは、ライスドリンクを商品化している最中の方。気になってリプライしてみました。

ブリッジに近い味とのことで楽しみです。販売・購入したらレポしますね。

よりサラサラを求めるなら次のものです。

◆アーモンドミルク


ライスドリンクより少々値段は高くなりますが、アーモンドのコクや香ばしさ・栄養が詰まっています。

ビタミンEや食物繊維が豊富なのが嬉しいトコロ。

アーモンドと水を混ぜて、粉砕して、絞って作るのでさらっとしていて飲みやすいですね。

ナッツアレルギーの方は次の物もオススメです。

◆オーツミルク


オーツ麦(オートミール・えん麦)から作られたミルクです。

ほぼ無味・無臭でクセがなくほのかな甘さが何にでも合わせやすいのが特徴。

「麦」とついていますが小麦の品種とは違います、オーツ麦自体にグルテンは含まれていません。

シリアルやクッキーなどでもよく見かけますよね。

世界では牛乳の代わりはオーツミルクが一番スタンダードなのですよ。

確かに一番牛乳に近い感じ味でよりサラサラしていました。

食物繊維の他にカルシウムも含まれています。血糖値も上がりにくいのでオススメです。

いずれも牛乳の代替品を買うのであれば、糖分(砂糖)が入っていない、

余計な成分(増粘剤など)が入っていないシンプルなものを選ぶのがいいと思います。

◆アイスクリーム

豆乳由来の物が最近は売っています。

◆マーガリン

◆チーズ

ここ最近植物性チーズの需要が一気に増えた感じがします。

以前は自然食品店でしか買えませんでしたが、スーパーや薬局にも店舗により置いてあります。

とろとろとしたチーズの食感が味わえますよ!

かわと
かわと

後味はあっさりしていて、胃もたれしない点が気に入っています

それでは、最後にまとめます。

まとめ

乳製品がニキビを悪化させるのは

・脂肪分が多いので、消化の負担となり皮脂分泌が増える
・乳製品に含まれるホルモンの作用により、皮脂の分泌が増え・皮膚がむくむ。
→毛穴がつまりやすくなり、ニキビが悪化する

対策は、乳製品を控える。0にしなくてもニキビが出ない程度に減らす
代替品(豆乳・ライスミルク・オーツミルク・ココナッツミルクなど)の使用で量を減らしていく。

乳製品が好きな人は多いですよね。

自分の体質と相談しながら、代わりになるものを見つけながら、美味しく楽しくニキビとお別れしていきましょう!

次回は、なぜ乳製品を多くとると「あご」にニキビができやすいのかお伝えしたいと思います。

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました