meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"> ビニール肌とは?原因と改善策。どうしようもなくなるまで気が付かなかったビニール肌の経緯を熱く語ります。 | さわらないニキビケア

ビニール肌とは?原因と改善策。どうしようもなくなるまで気が付かなかったビニール肌の経緯を熱く語ります。

その他

スキンケアを毎日せっせとしているのに、美肌になる所かブツブツや赤みが治らない!

私に合うスキンケアが見つかればきっとよくなるはず!

と次から次へと化粧品を試したけれど、結局見つからずどんどん状態は悪くなるばかり

テカリもするし、乾燥もしてもうどこから手をつければよいのか・・

こんな悩みはありませんか?

これは皮膚がうすくなることで、

うるおう力がなくなり、刺激からも守れずトラブルになっている状態です。

今回は、肌を手入れすればするほどトラブルが増える理由と改善方法をお伝えします。

ぜひ最後まで読んで、ケアを見直してみてください。

<スポンサーリンク>

ビニール肌とは


ビニール肌とは皮膚がうすくなることによって乾燥・かゆみ・吹き出物ができるなど不安定で刺激を受けやすい肌状態のことを言います。

スーパーでよく見るうすい袋。

1個や2個だけじゃがいもを買う時などに使いますよね。

ビニール素材でできていて、薄くて柔らかくて使いやすいです。

うすいので何も考えずたくさん入れすぎると今にも破れそうな状態で不安定に。

たたんでしまう時にはぺしゃんこ、くしゃくしゃになりますよね。

スキンケアのやり過ぎで肌がうすくなると、抵抗力が落ちこのビニール袋のような症状が肌に現れます。

・肌がつっぱる
・乾燥してしわが目立つ
・肌内部の血液や筋肉が透けて色ムラ・赤み・くすみが目立つ
・外からの刺激を受けやすく常に敏感な状態
・かゆみ・ニキビ・吹き出物が常にある

このようなツイートもありました。

ビニール肌は皮膚がうすくなりペラペラの状態。

皮膚に厚みがなくペラペラということは、刺激をうけると跳ね返す力がなくダメージをそのまま受けてしまい回復にも時間がかかるということです。

逆にキメがしっかりしている肌を例えるとしたら、木綿豆腐でしょうか。

ちょっとやそっとさわったりしてもずっしりと重く揺れませんよね。弾力もあります。

切ってみても身がギュっと詰まっていて、麻婆豆腐を作っても最後まで形が崩れることもなく安定していますよね。

この安定感=バリア力です。

と話がそれましたが、ビニール肌についてなんとなくわかりましたでしょうか?

次は、皮膚をうすくさせていた原因は一体何なのかみていきましょう。

ビニール肌になる原因


スキンケアのやりすぎ

これに尽きます。

美容への意識が高く・真面目・人一倍頑張り屋、そんなあなたこそ注意が必要なのです。

わたしたちの皮膚の表面は何枚もの膜(角質層)でおおわれていて刺激から・乾燥から守ってくれています。

悪いものはよせつけない、入ってこないようになっているのです。

しかし、キレイになりたいと思い使っている化粧品や化粧水に入っている界面活性剤はこの膜を簡単にとかしてしまいます。

溶かして入ってきた美容成分を何とか追い出そうと肌が抵抗するため、

毛穴のまわりで炎症が起こり、ヒリヒリしたり赤くなったりするのです。

こうした肌トラブルを隠そうとして、まずは洗顔をしっかり・化粧水をしみこませるパック・その後メイク、それを強いクレンジング剤で落とし、また化粧品を肌にぬる…

これを繰り返すうちに本来のキメが失われ、皮膚が薄くなってしまいます。

これが常態化してしまったのが、「ビニール肌」というわけです。

これまで使っていた美しくなるアイテム達が逆に肌を弱くしていた原因だったとは信じたくないですし、今までなんだったの?

と私もショックを受けました。

次は改善策をみていきましょう。

ビニール肌を戻すには?


うすくなった皮膚を厚くするにはどのようにすればいいのかおつたえしていきますね。

シンプルスキンケア

元々の肌が強い(回復力も強い)人はシンプルなケアを徹底することで良くなることもあります。

肌の手お入れはシンプルな原材料の基礎化粧品のみにし、毎日使うアイテムも見直してみて下さい。

・クレンジングをオイルからクリームタイプ・ジェルタイプにする
・乳液は油分が少ないものにする
・石鹸で落とせるメイク用品を使う

など肌の再生力を上げるような刺激が少ないものに変更してみて下さいね。

そして刺激の強い手厚いケアは控えましょう。

手厚いケアとは、

・スクラブ洗顔
・ピーリング
・毛穴パック

などです。一時的に肌の表面がつるつる・なめらかになるのでやみつきになる人もいますよね。

これらは必要な皮脂や油分までごっそりと取り除いてしまいますし、

肉眼では赤くなっていなくても毛穴には炎症が起きていると言われますので注意が必要です。

シンプルケアでよくなった方の口コミがありましたのでご紹介します。

肌をこすらない

わたしたちの肌の一番表面の角層は、とても薄くてデリケートです。

肌をこすると3~4日は元に戻らない
手でこすったり水がいきおいよくあたったりするだけで傷つく
(引用元:化粧品を使わず美肌になる/宇津木龍一著)

これを読み、化粧水をパッティングする気はおきなくなりました。

肌のマッサージをしている方もいますが、外からの刺激よりも中からのケアの方が有効だと言われています。

しばらくは、美顔器でグリグリするのは控えて、運動をして血液の流れをよくすることを意識してみて下さい。

ストレッチやラジオ体操から始めるのもいいですね!

かわと
かわと

④私はついシャワーを顔にあてちゃいますので気を付けます

洗顔する時もたっぷりの泡で、こすらない・さわならい・刺激しないのが美肌への近道のようですね。

肌断食

上の2つでも納得いく結果が出ないという方は、肌断食に挑戦するのも1つの手です。

肌断食というのはシンプルスキンケアよりも更にストイックなものです。

化粧をしていない時はお湯(水)で顔を洗う、化粧水・乳液はつけないなど肌には極力何もつけないで皮膚の再生を促す美肌法です。

効果がすごく出たという人もいますね!

肌断食については様々なやり方があるので、こちらにまとめました。

最後は私の経験談です。

ビニール肌であるということも気が付かずに(この言葉自体知らなかった)

過ごしていた様子・治るまでをお伝えします。

ビニール肌が治るまで

 

ビニール肌への入り口

私がビニール肌になった主な原因は以下の通りです。

・資本主義に流され正しい情報・自分に合う情報を調べる術がなかった
・手入れをすればするほどキレイになるという思い込みがあった
・ニキビを隠したくて必死にケア・化粧をした

当時はインターネットも各家庭に普及し始めた頃で自分のスマホで調べるという習慣もなく、

メディアが報じるケアは全て良いものでそれしか改善策はないという思考でした。

ですので、とにかく真面目にお手入れしました。

何もしないのが良いという情報を探せませんでしたし、言ってくれる人も身近にいませんでした。

(ニキビは若い証拠。そのうち治るという感じ)

角質をとってとってとりまくる日々

ある日、角質をとればつるつるのきれいな肌になれる!

という情報を仕入れ角質を取る成分の入ったジェルでピーリング・洗顔もスクラブ入りを使い続けました。

肌がうすくなりうるおう力・肌を守る力がなくなっていることに気づかず、

毎日しっかりお手入れする生真面目な私。

理由はただ1つ、きれいになりたかったから。

バリア力0の肌は髪・マフラー・えり何にでも反応

このニキビを消すにはどうすればいいのかという熱心な思いだけで突き進み、

いじりすぎケアは止まることなく続きます。

もちろん化粧をしても隠せないニキビと赤み。

髪の毛が顔につくだけで、ニキビもでき、赤くなる。

それをマフラーでかくす。手でかくす。

その刺激でまた荒れて荒れていつも肌は熱をもっていて赤く腫れている状態でした。

なぜ私の肌は他の人と違いこんなにも荒れているのだろうと思うけれど、

それが日々の熱心なケアが原因であることにまだ気が付かないのです。

やっと気が付いた時は30歳

17年いじりすぎスキンケアを続けました。

中学生から悩み始めたニキビ。

ニキビは青春のシンボルという言葉は私には違いました。(いつまで青春やってんだか)

もちろん悪くなるばかり。

ここで、運命のケアに出会います。

それは、「刺激となるものをつけない・ふれない」

宇津木式肌断食、牛田先生の「非接触生活」に出会います。

今までと逆のケアをすることに抵抗がありましたが、

やってみたら快適でかゆくも痛くもなく、サーっとニキビ達が引いていきました。

その後肌に何もつけないを続け、角質培養をたまにやりビニール肌が少しずつ改善されてきました。

肌が強くなったと自分でわかるようになりました。

髪の毛が顔にあたるとかゆかったのが、かゆくならない、赤くもならない。

ニキビ跡も少しずつうすくなっているのがわかる!

という感じで、ゆるくではなく一気にスキンケアをやめたのでビニール肌が改善するスピードも速かったです。

現在肌断食(非接触生活)を始めて5年経過していますが、肌は白いと言われます。
(自分ではニキビ跡がよくなっているということだと思っています)

以上私の体験談でした。

ここまでストイックにやる必要はありませんが、ビニール肌でお悩みのあなたは自分に合うやり方でこれまでのスキンケアを見なおしてみて下さい。

まとめ

・ビニール肌とは皮膚がうすくなることによって肌の乾燥・つっぱり・しわしわ・赤み・ブツブツができるなど不安定で刺激を受けやすい肌状態
・ビニール肌になる原因はやり過ぎのスキンケア。過度の角質とりや保湿で皮膚がうすくなり(自らうるおう力・守る力がなくなり)様々なトラブルにつながる
・改善方法はスキンケアをシンプルにし肌の再生力をうながす

非接触生活という言葉を初めて聞いた人もいるかと思います。

肌断食よりも非接触生活をおすすめしている理由についてまとめました↓

ビニール肌体験から自分の事って客観的に見られないものだなと感じています。

何事もやり過ぎには注意ですね。

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました