meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"> フェイスラインのかゆみに。 | さわらないニキビケア

フェイスラインのかゆみに!冬の肌荒れ原因と対策。

非接触生活

冬になると肌荒れが悪化するのは体質だとあきらめていませんか。

特に口まわりやあごにトラブルが増える、それは乾燥だけが原因ではないかもしれません。

いつも使っているものを見直すだけでトラブルが減った経験談をお伝えします。

この冬はトラブルを回避して思いっきりイベントを楽しみましょう。

<スポンサーリンク>

冬の肌荒れ原因


冬の肌荒れ原因は、乾燥や冷え、ストレスからくるもので・・・・

対策は保湿しっかり・・・とどこの雑誌でもサイトでも書いてありますよね。

そんな情報はもうお腹いっぱい、乾燥しているのはわかっていて保湿もちゃんとやっています!

お風呂にもちゃんと浸かっていて自律神経(じりつしんけい)整えているのに!

という方に試してもらいたい方法です。

前置きが長くなりました。

その肌荒れ、マフラーやコートとの接触が原因ではないですか?

マフラーをし始める時期と肌荒れの時期重なっていませんか!?

洋服や防寒具との刺激で接触性皮膚炎が起こると、かゆみや赤みがでてしまいます。

具体的にはマフラーやコートについている界面活性剤や柔軟剤は刺激が強い為、

肌に触れるとバリア機能が弱くなりトラブルにつながる恐れがあります。

肌の強い人は刺激を受けてもすぐに回復しますが、

肌の弱い人は接触してばかりだと肌バリアは弱くなったままで回復できず、赤みやかゆみが続いてしまいます。

まずはこれらとの接触を断つように対策しましょう。

冬の肌荒れ対策

マフラーやコートのえりが直接肌にふれないようにするだけでも、炎症はよくなります。

どのアイテムでも自分で洗える素材の物にするか、ガーゼやタオルで直接あたらないようにするのがポイントです。

コート

クリーニングする素材の物は避けます。

コートは基本クリーニングする物だと思っていたのですが、素材によっては自分で洗えますよね。(洗濯洗剤については後述)

ファー・えりが外せるようになっているものは、外してあごや頬に直接つかないように着ましょう。

しつこいですが、「顔にふれないこと」は大事です。

私はファーがついている・皮素材のクリーニング必須のコートは買わないようになりました。

マフラー

刺激となるので基本はしなくなりました。

気を付けていても風が吹いたりすると顔についてしまう時もありますよね。

マフラーをする時はボタンで留めて顔に触れないようになっているものを使っています。

写真の2つは、セリアで売っている「フリースプチマフラー」です。

マフラーを選ぶときには、洗えるガーゼかフリースタイプの物にしています。

ネックウォーマー

上記のマフラーで寒いと感じる時はネックウォーマーをしています。

昔はすっぽりかぶるタイプの物しかなかったような気がしますが、ボタンタイプは顔にふれないので重宝しています。

ボタンを一つのみすると首下~肩近くまで覆われるので、就寝時に布団をすっぽりかぶらなくても寒くないですし、布団にふれて刺激となる機会が減るので使っています。

洋服

タートルネック・ハイネックなど着る時にも顔に当たるものは潔(いさぎよ)く捨てました。

その代わりに、襟(えり)のついたシャツを着るようになりました。

着る時に顔に当たりませんし、首元がしまっていると温かいですよね。

手袋

皮素材の物はしなくなりました。

マスク

私は市販のマスクをすると上のゴムの部分に沿って顔が赤くなります。

フェイスラインにトラブルがある人がマスクをすると余計に悪化しますので、気を付けて下さいね。

私は、洗えるオーガニックコットンのマスクを使っていました。

市販の使い捨てマスクは抗菌加工された物がほとんどですので、肌の弱い人は荒れてしまいます。

どうしても使う場合には肌とふれる部分にガーゼを当ててしのぎましょう。

布団

寒い時期には布団を顔までかぶって寝たいですよね。

しかし、私これでいつも荒れていました。

寝具には注意が必要です。

掛布団のシーツは洗えますが、毛布はクリーニングが必要ですよね。

顔にあたる寝具で自分で洗えないものは、タオルをあててしのぎましょう。

また、羽毛布団でしたら毛布いらずですし、かぶってもふわふわして直接顔にあたらないので気に入っています。

最後に、洗濯についてお伝えします。

私は非接触生活(肌の弱い人が刺激となるものを避けることで肌トラブルをなくし健康な素肌を取り戻す生活習慣 詳しく知りたい方はこちら)をしており、そこでおすすめされている洗剤を使っています。

・洗濯用中性洗剤(おしゃれ着 毛・絹・綿・麻・合成繊維等衣料用 柔軟剤・蛍光増白剤は入っていない) 500ml 900円(税抜)

もちろん市販の物よりかは割高ですが、使用頻度は高くないので長く使えますよ。

私は1年前に買いましたが、まだ残っています。

ちなみに普段用の洗剤は1000ml 1400円(税抜)です。

市販のものでも自分に合う洗剤があればそちらでもよいですね。

香り成分や柔軟剤が入っていないシンプルなものが理想です。

コートを洗うまでいかなくともまずはファーやマフラーが肌につかないようにするだけでも違うと思うので心がけてみてくださいね。

それでは、まとめます。

まとめ

冬の肌荒れ原因・対策

・肌荒れ原因の一つにマフラー・コートのえりとの接触の可能性が有る
・マフラー・コートについた界面活性剤や柔軟剤が肌の弱い人には刺激となる
・対策は肌に直接触れないようにすること
・コートのファーやえり・タートルネックに注意
・洋服などのアイテムを自分で洗濯できる素材のものにする
・できない場合は直接ふれないようガーゼや綿タオルをあててしのぐ

今回は冬の肌荒れ原因・対策についてお伝えしました。

私は長らくあごニキビで悩んでいた為、マフラーはあごを隠せる重要なアイテムでしたが、これが余計に悪化させていたのだなと気が付くまで大分時間がかかりました。

あなたは早々にフェイスラインのトラブルとさよならして人生を楽しんで下さいね。

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました