meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"> 砂糖でニキビができる?〇〇〇の急上昇がニキビへのカウントダウン! | ニキビ肌のためのパン・スイーツ探し

砂糖でニキビができる?〇〇〇の急上昇がニキビへのカウントダウン!

ニキビと食べ物

ニキビ肌にとって、砂糖は量より質 だと感じます。

砂糖と一口に言っても、白砂糖・黒糖・メープルシロップなどいろいろありますが、

ニキビにつながりやすい砂糖が分かれば対策もできますよね。

砂糖の種類を変えて自炊多めにたらニキビに加えてイライラも解消されたという人もいます。

そこで今回は、

・砂糖でニキビができる仕組み
・避けたい砂糖の種類
・肌に良いおすすめの甘味料
・どのように全体量を減らしていくか

について実体験を基にお伝えします。

砂糖でニキビができる?なぜ


「疲れた時には甘いもの」というように、食べるといつの間にか疲れもとれホッとココロもゆるみますよね。

甘い物による回復の早さは良い面もあるのですが、悪い面もあるのですよ。

疲れがすぐにとれるということは、体(血液)への吸収が早いということです。

特に 白砂糖 ビタミン・ミネラルをほとんど含んでおらず血液中に一気に吸収されます。

これを血糖値が上がるといいますが、一気に上がったら下げようとするのが体の仕組み。

インスリンというホルモンを出して血糖値を元に戻そうとします。

なのですが、

インスリンが出ると、それが引き金となりニキビ肌の大敵男性ホルモン(アンドロゲン)が分泌

されやすくなってしまうのです。

アンドロゲンは、皮脂を増やしたり、皮膚を固くする作用があり

これらによって、毛穴に皮脂がつまりニキビができやすくなる、という訳。

かわと
かわと

白砂糖(が入っているもの)をたくさん食べる
→ 血糖値が上がりインスリン分泌 → 男性ホルモン分泌
→ 皮脂分泌が増え・毛穴がつまりやすくなる → ニキビ
という流れですね。

(この記事のタイトルの〇〇〇は血糖値。血糖値の急上昇がニキビへのカウントダウンになります)

そして悪い面がもう1つ。

体の疲れが一気にとれる=体内のビタミンやミネラルを消耗します。

白砂糖は別名「ビタミン泥棒」

ビタミンBや骨に蓄えられているカルシウムなど消費することで疲れを一気に取ります。
(とれたように感じます)

体内のビタミン・ミネラルが少なくなるという事は免疫力・抵抗力が落ちますから

ニキビができやすい肌環境になりますね。

かわと
かわと

ビタミンCや鉄のサプリを摂ったら肌荒れが良くなったという人がいますが、これは白砂糖により消耗されたビタミン類が補われたことによるものだと個人的に思います。

しかし、飲んでも効かない人もいれば、効く人でもビタミンBなのかCなのか鉄が合うのか試さないと分からない点が時間がかかり難しい所ですね。

では、早速対策を見ていきましょう。

サプリメントを取らずとも砂糖の種類をかえたらよくなる人結構います。

対策


砂糖の中でも白砂糖が肌に良くないという事が分かりました。

白砂糖を控える方法は2つあります。

①白砂糖の代わりになるものを使う
②白砂糖が多い既製品をやめていく

まず①からです。

血糖値が一気に上がることがニキビの引き金になるのであれば、

白砂糖の代わりになるような、血糖値の上昇がゆるやかな甘いものがあればいいですよね?

もちろん取り過ぎはいけませんが。

そんな都合の良いもの、あるのです!

白砂糖の代わりになるもの

あなたはGI値(グリセミック・インデックス)を知っていますか?

ヘルシーなお菓子のパッケージに「低GI」と書いてあるものがありますが、

食後の血糖値の上昇度を示すものです。

かわと
かわと

このGI値が低い程(血糖値が上がりにくくて)血管にも体にもお肌にもやさしいということですね!

早速みていきましょう。

■GI値(70以上を高GI、56~69の間を中GI、55以下を低GI食品と定義しています)

グラニュー糖:110
氷砂糖:110
上白糖:109 ←白砂糖のことです
三温糖:108
黒砂糖:99
水あめ:93
はちみつ:88~40
メープルシロップ:73
和三盆:65
甜菜(てんさい)糖:65
マヌカハニー:55
デーツシロップ:50~31
キャロブシロップ:40
ココナッツシュガー:35
アガベシロップ:21
本みりん:15

ここで注意してもらいたいものについてお伝えします。

三温糖(さんおんとう)

体にやさしい砂糖を色で考えると白ではなく茶色のイメージですが、

三温糖は茶色でありながら避けた方がよい砂糖です。

もともとは「砂糖の汁を三度煮詰めて作る砂糖」ということで三温糖と言われました。
(引用元:日本甜菜製糖株式会社)

ビタミン・ミネラルを除いた白砂糖から作ら、当然ミネラルは残っておりませんのでGI値で考えると控えたい所です。

■黒砂糖

黒砂糖と言うと、「ふがし」や「黒糖まんじゅう」のイメージで独特のコクや香りがあります。

黒砂糖が体に良いと思いきやGI値で見ると白砂糖と10しか変わりませんね。

黒砂糖の色は加工していないので、成分そのままのミネラル・ビタミンが豊富に入っています。

カリウムが豊富で、また鉄分も入っているのが嬉しいところ。

でも、もっとGI値が低いものがいい!クセがないものがいい!という人には、

以下のものがオススメです。

■料理にはみりん

みりんのGI値(15)の低さには驚きますね。

みりんは砂糖の代わりにはならない!

なんて過去の私は思っていましたが、今ではすっかり愛用しています。

火にかけてアルコール分を飛ばし、「煮きりみりん」として砂糖代わりに使えます。

本みりんとラベルに書いてあっても、原材料表示に水飴が入っていたり、糖類が入っている場合がありますので、よく確認して下さいね。

甘強(かんきょう)みりんは砂糖と変わらない程の甘さではないかと思う時がありますので一押しです。

■お菓子作りにはアガべシロップかココナッツシュガー

GI値が低い・クセがない・使いやすいものがいいの!

というあなたにはアガベシロップがおすすめ。

その理由は、

①甘みが強く少量で満足できる
②甘いけど後味スッキリ
③液体ではありながらさらっとしていて使いやすい  からです。

甘みは白砂糖の1.3~1.5倍と言われています。

なめてみたら本当に甘い。

でも、重くない・クセがないのが嬉しいポイント。

実は私、カタカナの甘味料は合わなくて避けてきたのですが、こちらは久しぶりのヒットです。

アガベというのは多肉植物です。

和名は竜舌蘭(リュウゼツラン)ちょっと怖そうな名前です(笑)

メキシコを中心に生産されています。

ぱっと見アロエにも見えますね。

日本では観葉植物としてもよく見かけます。

心当りのある方いませんか?(^^)

アガベは約300種類あるのですが、シロップとして主に使用されるのは「ブルーアガベ」という

種類です。アガベシロップの人気・需要に伴い南アメリカ・南アフリカでも生産されるようになりました。

ですので、「アガベシロップ」と一口に言っても種類や商品は様々出ています。

購入される際は、

①原材料名:「ブルーアガベ」100パーセントで保存料・着色料など入っていない
②原産国:メキシコ合衆国

であるかどうかをチェックして下さいね。

種類があり過ぎてわからないわ!というあなたには有名どころですがこちらをオススメします。

ブルーアガベ100%。私はロースイーツ作りに使っています。

ココナッツシュガー

粉状GI値が低いものでしたらココナッツシュガーです。

ココナッツの果実の部分ではなく、花の蜜を煮詰めて作ります。

ですので、ココナッツオイルのようなあま~い味・香りはしません。

少し甘みを加えたいという時に丁度良いやさしい甘さです。

でも、お砂糖のコクは感じられるので、私は結構好きです。

現在黒糖を使っている方は、こちらを試してみるとハマルと思いますよ!

黒糖のような風味・コクがありながらも、低GIで・ミネラルが豊富なのでオススメです。

煮物・煮つけに合いますよ◎

コーヒーなどの飲み物に少しだけいれるという人もいますね!

こちらが、コスパが良く私も使っています。


■色・風味なし・粉状ならてんさい糖

お菓子を作る場合、出来上がりの色や風味も重要ですよね。

そんな時は、GI値は65と少々高いのですが、

クセがないてんさい糖がおすすめです。

しかし、市販で売っているものは、粒が大きくて溶けにくいものが多いです。

私が使っているのはこちら。

店舗では見かけないのが悲しい。

おすすめ理由は粉末タイプなので粒が気になりません。

溶けやすく、また、色もうすいので使いやすいです◎

てんさい糖は(ビート)大根から作られていて体を温める作用があります。

冷え性の人はぜひ試してみて下さい。

オリゴ糖が入っているので、腸内環境を良くしたいと思っている方にもオススメです。

ここまで白砂糖の代替品をみてきました。

手作りであれば自分で砂糖を選べますが、商品を買う時はどうすればよいのか。

私達の身近なものに白砂糖は入っていますので、次はそちらについてです。

既製品に含まれる白砂糖


甘い物以外も見ていきましょう。

ここをカットすることで大分白砂糖が減るのではと感じます。

清涼飲料水・スポーツドリンク


ジュースの原材料表示をしっかりと見たことありますか?

一番初めに書いてある物が一番多く入っています。

一番初めに糖類(砂糖・果糖ぶどう糖液糖)と書いてあるものも多いのですが、

これはほぼ砂糖水で+して果汁やビタミンを入れているようなもの。

思い切ってお茶や水にしてみると一気に味覚が変わりますのでオススメです。

人間嫌と思うようなことでも3日なら続けられるようですので(これが3日坊主)

チャレンジしてみて下さい。

〇〇の素

麻婆豆腐でもかに玉でも混ぜて焼くだけ~なんていう〇〇の素は便利で助かります。

しかも、値段も手ごろですよね。でも、しっかりと砂糖が入っています。

砂糖だけとはいわずいろんな合成調味料もオマケで入っているから手ごろな値段な訳ですが。

手作りしてみると、意外と家にある調味料で代用できたりします!

自分で作る麻婆豆腐は美味しいです。(ネギ・しょうが・にんにくをみじん切りするのが大変ではあります)

調味料


塩には砂糖は入っていませんが、普段からなじみのあるしょうゆやみりんには原材料表示をよく見ると砂糖が入っているものがあります。(糖類・水あめという表記の物もあります)

お弁当や総菜に入っているワサビ・しょうゆ・ソースなども、切ないことに砂糖が入っているものしか見たことありません。

(なので、私は塩をかけて食べるか、お寿司は家の醤油をつけて食べています)

調味料を一式変えると味覚がリセットされますし、料理も美味しくなるのでぜひラベルを確認するクセをつけたい所です。

お菓子

ラベルの「原材料表示」に「砂糖」と書かれている場合は、ほぼ100%白砂糖のことを指します

(白)砂糖  なのです。

例えばこちら、「おとうふ工房いしかわ」さんのきらず揚げというお菓子のラベル。


砂糖ではなく、粗糖・黒砂糖と書いてありますよね。

メーカーさんもこだわりの原材料を使っているのでアピールポイントです。

せっかくお菓子を買うのであれば、体にやさしいおやつで楽しいティータイムを過ごしたいものですね。

という訳で、今回は砂糖とニキビの関係から代替品・砂糖を減らしていく方法をお伝えしました。

まとめ

白砂糖がニキビにつながるのは、
①血糖値が一気に上がることでインスリン分泌→男性ホルモンが刺激され皮脂分泌が増える・毛穴がつまりやすくなる為
②ビタミン、ミネラルが消耗され肌の抵抗力が弱まる為
・対策①血糖値が上がりにくい白砂糖以外の甘味料を使う
・対策②既製品で白砂糖を控えるには、ジュース・合わせ調味料を控え、砂糖の入っていない調味料を選ぶことから始める。お菓子のラベルも要チェック!

私は甘味料としてみりん・ココナッツシュガー・甜菜糖・アガベシロップのみ使っていますが、

肌も体も少しずつ健康的になってきました。

よろしければお試し下さいね。

 

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました