meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"> 肌断食はやめたほうがいい?中途半端に始めるなら一気にケミカル断ちした方がいい理由 | さわらないニキビケア

肌断食はやめたほうがいい?中途半端に始めるなら一気にケミカル断ちした方がいい理由

非接触生活

私の肌は、肌断食をしても効かないのか・・・と悲しんだことはありませんか?

効果を感じられないとやめたくなりますし、実際に挫折している人も多いですよね。

私は肌断食を知っていましたが、実際に始めたのはシャンプー・石鹸を使わない非接触生活(ひせっしょくせいかつ)でした。

一気にストイックに始めた方が効果があると本で知り、

試してみてだめでもストイックにやった分諦めもつく?と思ったのです。

正直、明確な基準がなく自分次第になりがちな肌断食では納得のいく効果は出ていなかったと思います。

今回は、ゆるく肌断食をするよりも非接触生活で一気にケミカル断ちするのがおすすめな理由についてお伝えしたいと思います。

<スポンサーリンク>

非接触生活がおすすめな理由

効果が分かりやすい

誰しも、効果が出ないものをわざわざやりたくありませんよね。

私、効果をすぐに求めるタイプです。長続きしません、飽き性、3日坊主。

そんな私、非接触生活を始めてから一回も前のスキンケアに戻したいと思ったことがないのです。

それほど私には効果がありました。

刺激となっていた、シャンプーや洗濯洗剤・石鹸など一気にスパッとかえたので、

手・髪を介しての刺激がなくなり肌の炎症がほとんどでなくなりました

私だけでは、ないのですよ。

以下ように他の人にも効果が出ています。

小学生の頃からニキビ顔で30年以上続く赤みが消えるわけないと、

ほとんど無欲で始めたのですが、はまってしまいました~

はまってしまってからが、改善が早かった!

いっきにゆるくなく始めるのが、コツだと思います。

引用元:非接触皮膚科学バックナンバー第550号

肌荒れしていた原因が特定しやすい


私は洗剤による刺激で肌荒れしていました。

洋服・タオル・布団カバー・布団の敷きパッドなど肌に直接ふれる物ほぼ全て洗剤の成分が少なからずつきますよね。

布団カバーを洗っているから清潔だと思い布団にもぐってカバーが顔についたまま寝ると、翌日ニキビができてしまいました。

とてもわかりやすく反応が出ていたのに、当時は気が付きませんでした。

洗剤が影響しているなんてこれっぽっちも思いませんでしたから。

「またニキビが、なぜ?」とモヤモヤしたものです。

私の場合は洗剤でしたが、ティッシュが刺激となる人もいるようです。

顔に脂が浮いた時、ティッシュ等の紙で押さえていました。

あぶらとり紙等の利用をずっとしてきたので、何の疑問もなく行っていました。

「不織布マスクもダメだったし、これもダメなんじゃない?」と突然気づき、脂はハンカチで押さえるようにしました。

すると常に小鼻の辺りが肌荒れしていたのが、おさまりました。

「こいつだったのか!!!」と愕然としました。

(引用元:皮膚臨床技術研究会メルマガ第219号

こいつって(笑)

このように、何が自分の肌荒れの原因となるのか、わかるだけでもスッキリしますよね。

事前に避けられるのって嬉しいです。

好転反応がない(少ない)


肌に何もつけなくなることで一番怖いのが、好転反応ですよね。

好転反応が辛くて挫折というのはよく目にします。

でも、非接触生活は正しく行えば好転反応はでないそうです。

私は好転反応出ました。肌がカピカピ乾燥したので、ちゃんとできていなかったということです(笑)

それでも、なんとか耐えられたのは刺激となるものを特定できていたから最低限で済んだのかもしれません。

「好転反応がない」なんて信じられないあなたのために、引用します。

皮膚は好転反応のない器官です。

シンプルなスキンケアでは「化粧品をやめると一時的に肌が荒れる」と言われることもありますが、それは化粧品をやめたからではありません

一次刺激性物質との接触が続いているからです。

接触を完全に断つことができれば、翌日から肌の改善が始まります。

(引用元:非接触皮膚科学メルマガバックナンバー 第651号

何かしら刺激となるものに触れているとシンプルスキンケアにしても炎症は続いてしまうということですね、肌の弱い人にとっては。切ない。

肌断食で効果のでない人の理由はこれなのでは?と感じています。

顔に何もつけないのは肌断食と同じ


肌断食の有名所の〇〇木式と言うと、

・メイクした時は純石鹸で顔を洗う
・メイクしていない時はぬるま湯洗顔
・洗濯洗剤はシンプルなもの
・「つけない・こすらない・洗いすぎない」

このような特徴がありますよね!

非接触生活はこれらに加えて、

■洗濯洗剤をかえる
■髪・体・手はお湯(水)だけで洗う が加わります。

肌断食と同じく肌には何もつけません。

ですので、最大の壁・今までの化粧水をつけるというあたりまえの概念を超える心理的な負担は同じです。

それなら、一気にやってもいいのでは?

と経験者としてはつい背中を押して、こちらの世界へようこそ!となってしまいます。

いつでもやめられるので、折角なら効果が出やすい・肌荒れ原因が特定しやすい非接触生活も候補に入れてもらいたいですね。

と、これまで非接触生活のオススメポイントをお伝えしましたが、

次は非接触生活とは一体何かお伝えしますね。

非接触生活って何?


コロナ社会のスローガンではありません。

肌の弱い人が、一次刺激性物質との接触を断って健康な素肌を取り戻すための生活習慣です。

(引用元:非接触皮膚科学

肌の弱い人が、肌に何もつけないことに加えて刺激となるものが皮膚につかないように日常生活
の中でコントロールし、健やかな肌を保つものです。

シャンプーもリンスもしない、石鹸も使わないなんて聞くとよっぽど重症皮膚炎の人のことだろうと思うかもしれません。

しかし、肌の悩みが常時あるというのは「肌が弱い」くくりに入るそうです。

□毛穴の開き・黒ずみが目立つ
□カサつきや乾燥が常になる
□くすみが目立つ
□いつも同じ場所にニキビができる
□かゆみや赤みがある

1つでも当てはまる人は肌が弱いそうです(2回目)

誰もが肌が弱いのでは?と思う内容ですよね。

私が驚いたのは肌にニキビがあるのは普通ではないらしいです!

生理痛はないのが普通みたいな感覚ですね。

あなたのお肌の悩みも無意識に刺激となるものが肌に触れておこっている可能性があるので、気になった方はぜひ参考にして下さいね。

最後にまとめます。

まとめ

一気に非接触生活に切り替えるのがおすすめな理由

・効果が分かりやすい
・肌荒れしていた原因が特定しやすい
・好転反応がない(少ない)
・顔に何もつけないのは肌断食と同じ

私は妹が非接触生活をやっていて、そこまで大変じゃなさそうだと思いスタートしました。

大変なのは初日だけでした。

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました