meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"> ミネラル不足に天然塩!塩の知られざる効果とは | さわらないニキビケア

ミネラル不足に天然塩!塩の知られざる効果とは

食べるもの

あなたの冷え・無気力など不調の原因はミネラルが足りていないからかもしれません。

体力のなさと虚弱体質は持って生まれたものとあきらめていましたが、

ひょんなことからミネラルを取るようにしたら産後にもかかわらず次第に元気が出てきました。

しかも、取っているのは1つのアイテムだけです。

ミネラルを充分にとり、健康で好きなことをとことんやる毎日にしましょう。

<スポンサーリンク>

ミネラルとは

私たちの体を作っているうちのわずか5%の成分です。

5%しかないですが体の臓器や血液そのものになったり、

食べ物の消化や吸収・有害なものを体の外に出すという働きをしたりします。

ですので、欠かせないもの。

ちゃんと機能するようにミネラル補給が大事になってきます。

では、ミネラルが不足するとどのような症状が出るのか見ていきましょう。

ミネラル不足になると

無力感、体が冷える、骨がもろくなる、立ちくらみ、低血圧、手足のしびれ、足がつる、よく下痢をする

これらはミネラル不足の症状のほんの一例です。

「無力感」と聞くとただの怠けや甘えととらえられてしまいますよね。

もちろん、これらの症状はミネラル不足だけが原因ではなく、原因の一つにすぎません。

しかし、原因の一つにすぎないからこそ、ミネラル不足によってこれらの症状がおこっているということにたどり着けない人が多いのではないかと思うのです。

では、次はなぜミネラル補給に塩がよいのか見ていきましょう。

他の食材でもよいのではと思いますよね。

ミネラル不足に天然塩がよい理由

◆天然塩はミネラルの宝庫

海水を凝縮して作った天然塩はミネラルが豊富に含まれています。

ナトリウム・マグネシウム・カリウム・カルシウム・亜鉛・硫黄・ケイ素・マンガン・銅・鉄など・・・なんとその数は80種類以上にもなるのですよ!

このように何種類ものミネラルを含んだアイテムで身近なものは他にはないのではと思います。

◆毎日調味料として手軽に使える

たいていの料理に塩は使いますよね。下ごしらえでも、味付けでも。

1日3食のうちどこかで塩味にすれば、とり忘れもなくミネラル補充できますね。

◆経済的

毎日調味料として使っても10g程でしょうか、大家族でもそこまで減りませんよね。

値段もそこまで高くなく、塩にかかる費用は月千円もしません。

高額なサプリメントよりも、よい塩をとった方が健康・美肌への近道であると私は思います。

また、塩は腐りません。他の調味料だと賞味期限があるものもありますよね。

コストパフォーマンスが良いとつくづく思います。

◆余分なものは勝手に排出される

どんなに体に良いものでもとりすぎはよくないと聞きますよね。

しかし、天然塩なら取りすぎは気にしなくていいのです!

他のミネラルの作用で不要な分は尿や汗から出ていきます。

また、自律神経の働きで取りすぎたら水や塩分を中和する甘いものや生野菜を勝手に食べたくなるのです。

ですので、自分がおいしいと感じる量を取りたいだけ取ればいいのです。

ここでひとつ注意事項があります。
天然塩というのは食塩や精製塩とは違います。

天然塩は海水を凝縮して作ったもので、ミネラルが豊富に含まれています。

かたや食塩や精製塩は人工的に作ったものでミネラルはぼなく体にはよくありません。

たとえて言えば化学薬品です。

天と地ほどの差がありますので、買うときには注意してくださいね。

次は、私が感じた塩による効果について書いていきます。

塩による効果・活用法

◆平熱が上がった

平熱は36℃前後でしたが、塩を取るようになってしばらくすると36.8℃になっており驚きました。

冷え症でどうしようもなかった私ですが、体が温かくなり免疫力も上がったのか風邪はほとんどひきません。

◆便秘解消

塩にはものをしめつける特性があります。

塩をとることで腸の筋肉の力(便を体外に押し出す力)が強くなったのか便秘は解消しました。

以前より体もシャキっとした気がしています。

今まではキビキビ動けなかったのですが、手足を動かす・消化器を動かすのも筋肉ですから徐々に体が機能していくようになったのかと思っています。

◆やる気が出てきた

塩には体内電流の導電機能があります。

・・・いきなり何?どういうこと?と思いますよね。すみません。

立つことについて考えます。

脳から「立つ」という電気信号が筋肉に流れ、立ちます。
(骨のシナプスとか理科で習ったあれです)

この電気信号が24時間休みなく体の中で行われているのですが、

この流れをスムーズにするのが塩です。

塩は電気を通しますので。

・・・まだ説明が下手ですね。

要するに、脳からの情報伝達がうまくいくようになるのです。

脳は人間の生理のコントロールの中枢です。

ここからの情報の処理と指令がうまくいかないと、

なんだかモヤモヤしてスッキリしない、

頭が痛い、ぼーっとする、何もやる気がしないにつながっていきます。

これらが塩をとることで良くなっていくのです。

塩を取り始めてから思考がスッキリするというか、

覇気(はき)が出てきたというか、

体の臓器がスムーズに動き出したことやほかにも理由はあるのでしょうが、

無気力だったのが少しづつ元気になってきたのです。

それは、塩のおかげなのではないかと思っています。

体が元気になると心も元気になるものなのだと感じています。

◆点鼻薬・目薬として使用

天然塩を水で溶いて1%になるようにして点鼻薬・目薬の代わりとして使っています。

塩には炎症を抑える作用があります。

鼻が詰まった時にシュッシュッとすると気持ちがよいです。

塩しか入っていないので、市販のもののような清涼感などはありませんが、

体にやさしいですし子供にも安心して使えますよね。

目薬については、私はハードコンタクトをしているのでつけるときに目薬は必須なのですが、

地味にお金がかかるのが解消されてうれしいです。

塩の点眼で視力がよくなった事例もあるそうなので、使い続けます。

さし心地は体の成分と同じ1%の濃度なので現在はしみません。

使い始めは少々しみましたが、次第になくなりました。

体に塩が満ちてきて血液の濃度が丁度よくなったのかもしれません。

容器は100均一や薬局では探せなかったので、ネットで買いました。

スポイトタイプ 点眼 容器 5ml 5本セット ポスト投函可
点鼻スプレーボトル 10mL 1本 プラスチック 空容器

色々見てきましたが、塩にかかる費用は千円以下です。

それで、これらの効果が得られたので費用対効果は多いにありました。

天然塩についてより詳しく知りたい方は、こちらの書籍がおすすめです。

文字が大きくて読みやすいです。

体内の塩(ミネラル)を少なくさせる作用があるもの、とらない方が良い物もわかりますよ。

では、最後にミネラル不足になる原因についてみていきましょう。

ミネラル不足の原因は

・昔より食材そのものに含まれるミネラルが少なくなったこと
・伝統的な日本食ではなく洋食を食べる機会が多くなったこと
・添加物が入った加工食品や惣菜を食べるようになったこと

などなどありますが、もっと身近で灯台下暗しと私が思っている原因があります。

それは、甘いもの(白砂糖)です。

白砂糖は人工的に作られた純度の高いものなので、体には負担がかかります。

消化するときには体に蓄えられた大量のミネラルを使います

疲れると甘いものが食べたくなりますが、おやつは白砂糖ではないてんさい糖や果物の甘みを使って手作りするなど、健康のために白砂糖の量を少しづつ調節していきたいところですね。

おすすめのおやつについてはこちら

それでは、長くなりましたのでまとめます。

まとめ

ミネラル不足に天然塩がおすすめな理由は、

・天然塩は何十種類ものミネラルの宝庫
・手軽に使えて、コスパがよく、取りすぎの心配をしなくてよい
・塩といっても食塩や精製塩では逆効果、ミネラル成分を含む天然塩をとること
・ミネラルが十分にいきわたることにより体質改善され、様々な症状がよくなる
・私の場合は、体温が上がる→免疫力あがる→風邪をひきにくくなるなど総合的に健康に近づいた
・点鼻や点眼にも使える

なんとなく不調続きなのが塩を取るだけで解決できるとしたらこんなにうれしいことはありませんよね。

私は塩を取るようになって体が軽くなったように感じ、それは体内の働きが良くなったからだと思っています。

ミネラルの重要さを痛感しました。

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました