meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"> プロフィール | さわらないニキビケア

プロフィール

改めまして、かわとです。

プロフィールページに来て下さり、ありがとうございます。

肌断食と湯シャンを始めてから余計な手をかけ過ぎないこと・ありのままが心地よい
ことに目覚め、いわゆる自然派な暮らしをするようになりました。

肌荒れと体の不調がなくなり毎日心地よく暮らしています。

しかし、ニキビがなくなるまで何年もかかりました。

このエピソードを書くのは恥ずかしいのですが、思い切って正直にお伝えしたいと思います。

思春期はニキビと共にすごす

私、あごにだけニキビができていました。

ポツンという小さいものではなくしこりがあり赤から黄色い膿をもったニキビに成長し、

治るまで時間がかかるものでした。

しかも同時に何個も、ニキビ同士が合体して(!?)大きいニキビになったりするものもありました。

ニキビ用化粧品を使っても何を塗っても良くならず、生理前は必ずできて生理になると少しずつ治まっていく。

毎月その繰り返し。

ニキビの根っこは枯れずにいつもある。

治るどころかどんどんひどくなっていく。

とても辛かったです。

・視線があごにいくのがわかるので、人の目を見て話せない
・話す時は手であごをかくす
・写真はあごを手や物でかくして写る
・とにかく、かくしたくて、マフラーやマスクであごを覆う
・ニキビありきでスケジュールをたてる

これらは、つい最近まで私がやっていたことです。

気にしすぎと思われるかもしれません。

本当に嫌でイヤでしょうがなかったのです。

他にも、好きだった男性に「肌に何かできてるよ」と言われたことや、

お付き合いしている人と子供の話になった時に「肌は(私に)似ないといいよね」と冗談で言われたこと。
(学生の時なので、ただのたとえ話ですが)

忘れられません。

次から次へと化粧品を試す日々


今までに試した化粧品はきりがありません。

パパウォッシュ、美顔水、オードムーゲ、草花木果、HABA、アルソア、d-program、オルビス、セラミド・・・マキロンなどの消毒液も使いました。

スクラブ洗顔で角質取り、

美顔器でイオン導入、

エステにも行きました。

結果全くよくならず、ひどくなっていく一方でした。

当時は、私に合う化粧品が見つかれば良くなると思いこんでいたのです。

何もぬらないという選択肢はありませんでした。

体には、ブツブツができても放っておけば治ると何もしなかったのに、

顔にはぬらないと気が済まなくてせっせと手入れしていました。

社会人になってからも続くあごニキビ

正直に言います。

私、仕事よりも自分の肌状態の方が気になっていました。

社会人としてどうなのだろうと思いますが。

ニキビって10代で終わるものじゃないの?

こんなに長引いてる人なんていない。

なぜ私だけこんなにぶつぶつなの!?

なぜ どうして

と自問自答の日々でした。

もちろん体の中からの改善もやっていました。

体に良いものを食べるようにしていましたし、運動もしていました。

しかし、ニキビには効果なし。

もうどうしてよいかわからず、途方に暮れていました。

ピルを飲みその場しのぎな日々


生理痛があったのでヤーズという低用量ピルを飲むことにしました。

低用量ピルはホルモンの量を調整してくれるので、

肌荒れに効くというのは以前から知っており試してみたいと思っていたのです。

これが、とても効果あり。

ニキビがすーっと消えていき、ツルツルの肌になりました。

・あごの肌が他と同じ色・質感
・自分の肌ではないみたい 
・化粧をするのが楽しい
・人の目を見て話せる

性格まで明るくなっていたと思います。

同時に、ピルを手放すのが怖くなっていきました。

症状にフタをして、薬で出ないようにコントロールしているだけ。

「いつか根本的に治さないと」と思いながらも、この思いにもフタをしてずるずると飲み続けていました。

結婚式の時期はピルを飲んでいましたが、ピルは避妊薬ですから子供がほしくなったらやめないといけません。

ピルをやめ本来の肌と向き合う

ピルの服用をやめたら、もちろん元通りの肌。

生理前になるとあごにぶつぶつが出てきます。

ホルモンバランスが悪いっていうのは前からわかっていたけれど、男性ホルモンを抑えるにはどうすればいいの!?

また、悶々(もんもん)と悩む日々が続きました。

30歳にして肌断食(非接触生活)を知る


そんな時に妹がやっていた肌断食をやってみよう!!と思うことに。

その内容は、

・シャンプーはお湯でする。
・洗顔も水(お湯)で洗い、何もつけない。
・タオルを使わずペーパータオルで手や顔を拭く。

妹がやっているのは知っていたのですが、正直に言うと、

「何それ大丈夫?」「シャンプーもしない、洗顔も化粧水もつけないなんて新しい宗教?」

とまで思っていました。

異世界という感じで怖かったのです。

でも、ニキビに効くならやってみたい。

今まで何度もニキビがなくなることを夢見た結果ダメだったけど、

何かをぬったりいじりすぎてボロボロの肌になったのだから、

何もつけないのがいいかもしれない。

怖がりつつも、とりあえずやってみよう!!

と飛び込みました。

湯シャンをしてみると、、、(!!?)

思ったほどきしまない!!

髪の毛が肌にあたってもかゆくない!!

水洗顔して肌に何もつけないでいたところ、、、
あれ!?

意外とつっぱらない!!

いつでもバシャバシャ洗えて気持ちいい!!

なにこれ
なにこれ
なにこれ!!
いい!!

肌断食にのめり込んでいきました。

ニキビや肌荒れをコントロールできるように


妹がやっていたのは牛田専一郎先生の非接触生活というもので、

簡単に言えば、

「何もつけないことで肌トラブルをなくし、肌本来の力を取り戻し健康な素肌になる」

方法を提唱されています。

この方法を実践することでどうしようもなかった私のニキビも徐々に減っていきました。

一番嬉しかったのは、ニキビが出来そうという時にさわらずにいるだけで、

ニキビが小さくなっていくのです!!!

これは驚きでした。

今まででしたら、赤→黄色の膿になって長いこと肌に居座り続けるのですから。

また、肌に赤みが出そうというサインもわかるようになります。

原因が分かることで、大分ストレスが少なくなりました。

17年間美肌を求めて化粧品や美顔器とあれこれ試してきたけれど、

何もしないことに辿り着くとは思ってもみませんでした。

この経験、私だけではなく悩んでいる人全員に試してもらいたい!!と思いました。

私にできること

ニキビが枯れていくという衝撃を受けてから何年か経ち、

「何もつけない・さわらない」をすることで、肌荒れはほぼコントロールできるようになりました。

時には化粧を楽しみ、人の目を見て話すことも慣れてきて楽しく過ごせるようになったのですが・・・

美肌なのか?というと

そうではないのです!!

やっとスタートライン10歩手前に立てたという感じです。

私が美肌に近づくには、

・あごのニキビ跡(17年分)
・あごの肌理(きめ)の粗さ
・鼻の毛穴
・鼻の黒ズミ      をなんとかしなければなりません。

そこで、次に取り入れた(ている)のが以下の方法です。

食べるものを変える
◆角質培養
代謝をあげる

美肌には体の中に入れるもの・出ていくものが大事!

肌だけではなく体全体で考える必要がある!とようやく気が付きました。

(30歳を超えて気づくなんて遅すぎですね。視野が狭かった)

食べるものを変えていくと肌だけではなく、長年の不調が良くなりました。

そして、角質培養でニキビ跡や毛穴が改善がしつつあります。

そんな経過をブログの記事として載せていきます。

食べるものを変えていくと肌だけではなく、

体や精神までもが安定してくるということを私自身と子どもを通して学びました。

ニキビをどうにかしたくてあれこれやっていたら、ニキビはもちろん体の調子まで良くなった

この経験をニキビで悩み、苦しんでいる人に伝えたい。

そんな想いを込めてこのブログを作り始めました。

どのような美容法・健康法であっても人それぞれ体質は違うので、

合う・合わないは分かれると思います。

ですので、私のやってきたことが全ての人に結果が出るとはもちろん思いません。

ですが、やると決めた時の労力や時間の節約、参考情報としてお役に立てたらいいなと思いながら書いています。

一緒にすこやかな肌を目指していきましょう。


最後まで読んで下さりありがとうございました。心から感謝します

感想・ご意見がありましたらこちらまで連絡下さい。

 

 

タイトルとURLをコピーしました