meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"> 甘い物が食べたい時に足りない栄養とは?メカニズムを知り甘いもの欲に先手を打とう! | ゆるグルテンフリー・デイリーフリー

甘い物が食べたい時に足りない栄養とは?メカニズムを知り甘いもの欲に先手を打とう!

その他

甘い物をつい食べてしまう、やめられない私はなんて意思が弱いのだ!

と罪悪感でいっぱいになったことありませんか?

ダイエット・お肌の為にも甘い物の食べすぎは気になるところですよね!

しかし、それはあなたの意思が弱いからではない場合があります。

ただの栄養不足の可能性大!

足りていない栄養素を補うことで甘い物の食べ過ぎから解放されるかもしれません。

早速、その仕組みについてみていきましょう。

<スポンサーリンク>

甘い物が食べたい時に足りない栄養とは


それは、たんぱく質鉄分です。

かわと
かわと

・・・う~む、栄養素を聞いてもなんだかピンときませんね。

ちょっと理論から見ていきましょう。

意外と知らないタンパク質の重要さ


私達の体は約70%が水ですよね。

その残りの30%。その半分15%が実はタンパク質からできています。

かわと
かわと

体から水を抜いた後の半分はタンパク質って結構多いですよね。

たんぱく質は、筋肉・血液・臓器・酵素・髪・爪・肌・ホルモン・免疫物質など

そのものになるだけではなく、ホルモンや栄養素の運搬までします。

そして、爪や髪は毎日少しずつ伸びてきますよね。

皮膚もいらないものは垢となって勝手にはがれます。

古くなったものは分解され、新しい細胞は作られる。

これが毎日行われています。

毎日、、、だから常にタンパク質が作られる量=壊される(分解)量が一緒でプラマイゼロ

ここでやっとつじつまが合い健康的に生きられる状態です。

これが、タンパク質不足だとだんだんと作られる量が減っていきます。

それか、作られても中身はスカスカ状態。

そうなると、作られる組織や細胞の数が減り疲れやすくなったり老化につながったりするのです。

私達の体(細胞)にはタンパク質が必要不可欠で常に取り続ける必要があります

なのに!!

現代人の食事はタンパク質が圧倒的に足りていないのです。

例えば、体重50キロの人では1日約50gのタンパク質が必要となります。

これを食事で補うと考えると、

単純計算で、卵は7個。納豆なら10パック位です。1日にですよ。

最低限必要な量がこれ。これを毎日って辛すぎます。

(卵が大好きで1日10個とか食べていた板東英二がいかにすごかったかわかりますね。←若い人わかるかな?)

結構たくさん食べないといけないというのがお分かりいただけましたでしょうか。

私達は慢性的にタンパク質が足りていない=疲れやすい=栄養不足な訳です。

そして、栄養不足になると手っ取り早く栄養を摂れる甘いもの(糖分)が食べたくなるのですね。

糖分は腸(血液)からの吸収がタンパク質よりも早いので、

私達は疲れると本能的に甘いもの(糖分)で手っ取り早く栄養補給したくなります

鉄分で酸欠を回避

続いては鉄分です。

甘いものの中でもチョコレートココアが好きでいつもチョコ味を選んでしまうという人は、

たんぱく質と合わせて鉄分も足りていない可能性があります

血液中のヘモグロビン(赤血球)は主にタンパク質から作られています。

ヘモグロビンは酸素と結びついて血液を体の隅々まで行きわたらせる働きをします。

が、これが不足すると脳や体に酸素が行かなくなってしまうのでいわゆる酸欠状態に。

脳も働かなくなり頭痛やめまい、体全体では疲れやすい、だるい、息切れなどを起こすようになります。

女性は生理がありますから毎月一定量の血液がなくなる訳で、

その度に酸欠予備軍になるから大変です。

生理中のズキズキとした頭痛は、まさしくタンパク質+鉄分不足による酸欠

ここで冒頭の話に戻りますが、チョコレートやココアに含まれるカカオは鉄分が豊富なので

無意識に鉄補給をしたくて食べたくなっているのでしょう。(私もカカオ好きです)

でも、疲れを感じるからと甘いものを食べても効果は一時的です。

これからは、タンパク質・鉄両方を意識してとりましょう!

実際私は鳥のササミや豆を積極的に取るようにしたら、甘い物欲が少し治まった気がします。

タンパク質補給にプロテインを活用しているという方もいますね。



幸福ホルモンのセロトニンは、たんぱく質+鉄がメイン材料です

ここを補うことでイライラ・気分の落ち込みも良くなってきますよ。

かわと
かわと

女性に甘いもの好きが多いのは、生理がある為血液不足=タンパク質・鉄不足になりやすく、その栄養不足を埋めるのに手っ取り早いのが甘いものだからなのですね。

とても大切なタンパク質と鉄分、可能であれば一気に摂りたいですが・・・

実はそんなお宝食材が、あるのです。

タンパク質・鉄分両方とれるとっておき食材


タンパク質と鉄分が同時に取れる食材。

それは、海苔です!!

意外ですよね。ペラペラなのにタンパク質が豊富なのです。

■海苔の豊富な栄養素

タンパク質  大豆と肩を並べる程タンパク質が豊富。海苔の4割がタンパク質
鉄分     板海苔1枚で小さめのほうれん草1株分に相当する鉄分 
・ビタミンA  板海苔一枚で牛乳350ccのビタミンA(皮膚・粘膜・視力の強化)
・ビタミンB1 板海苔1枚で牛乳100ccのビタミンB1(疲労回復効果)

他にも、食物繊維・カルシウム・タウリンなども豊富なので日常的に取り入れたい食材。

嬉しいのは、何にでも合わせやすく、かさばらないので無理なく食べられるという点ですよね。

海苔の凄さに気づいたのは、生理中に海苔を食べだしたら止まらなくなり調べたら鉄分が豊富とのことでした↓

味付き海苔や、韓国のりは塩分や糖質が多くなるので、焼きのり(=板海苔)がオススメです。

かわと
かわと

私は早速手巻き寿司を食べました。
これは海苔の栄養分を摂るにはもってこいの献立ですね。

1日に板のり2枚分も食べれば程よく栄養補給できますのでお試し下さい。

カキとほうれん草の炒め物

                   (引用:https://www.kurashiru.com/recipes/2b24e71a-342f-43d1-b6f2-73c8db564719)

牡蛎にもタンパク質・鉄分が含まれています。

それに加えて、ほうれん草の鉄分を更にプラスした鉄分強化メニューですね。

鉄分はビタミンCがあると体内での吸収力がアップするので、ほうれん草との相乗効果が得られます。

この組み合わせでソテーやグラタンなどぜひお試しくださいね。(レシピ例はこちら

鉄製フライパン

鉄のフライパンで料理をすると、鉄ではないフライパンで料理したのとでは鉄分含有量が3倍違うとも言われています。

これは試したいと思い、購入してみました。

 

高いと思いきや、安い値段のもありました。

この値段でも充分熱伝導も良く満足しております。

使い勝手が大変だと聞いていましたが、洗い終わった後に油を引いて保管するだけでそこまで大変ではないと思いました。

確かにフッ素加工の軽~いフライパンに比べれば重くて手首は大変ですが、

そう感じるのも慣れるまでの最初だけ。

私はこの重さよりも鉄分を摂れることにメリットを感じています。

という訳で今回は、甘いもの欲は実は栄養不足によるもの?という記事でした。

まとめ

甘い物が止まらない時に足りない栄養素 ➡ タンパク質鉄分

タンパク質・鉄分は、細胞・ホルモン・血液・筋肉のメイン材料。

これらが不足すると、

・細胞や筋肉の生まれ変わりがスムーズにいかない➡疲れやすくなる
・酸素を体にいきわたらせることができなくなり➡酸欠状態。慢性疲労・息切れ・肩こりなどをおこしやすくなる
・幸せホルモンセロトニンが作られにくくなり➡イライラ、情緒不安定

・タンパク質よりも糖分の方が血液からの吸収が早くすぐにエネルギー(元気)になるので
人は疲れると本能的に甘いもの(糖分)を欲する

・タンパク質+鉄が豊富な食材でオススメは、海苔。板海苔1日1~2枚で充分。
牡蛎とほうれん草の炒め物や鉄製フライパンの使用もおすすめ。プロテインも。

 

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました