meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"> 牛乳やめたらニキビ治った。代わりの飲み物で脱ニキビへ一直線! | 大人ニキビ肌のためのパン・スイーツ探し

牛乳やめたらニキビ治った。代わりの飲み物で脱ニキビへ一直線!

飲み物

牛乳やめたらニキビ治った。これは私の話です。

具体的には牛乳を含む乳製品をやめたら

あんなのにしつこかったニキビ達の元気がなくなり、新規でもできなくなったのです。

生理前でもですよ。

これは私だけではなく、一定数いるようです。

今回は、なぜ牛乳をやめるとニキビが治るのか、

やめる上で必須の代替アイテムは何があるのかみていきましょう!

お気に入りの代替ミルクが見つかれば脱ニキビへ一気に近づきますからね。

<スポンサーリンク>

牛乳やめたらニキビ治った その根拠は?


牛乳の消費とニキビには関係性があるという論文がいくつか出ています。

その中でも、分かりやすいのがこちら

1日1杯の牛乳を飲む人はニキビの頻度が12%増大し、

1日の牛乳摂取量が5杯の場合、ニキビの頻度は76%増大した。

(参照:Association Between Adult Acne and Dietary Behaviors -大人のニキビと食事行動との関連)

1日5杯って・・飲み過ぎな気もしますが、

シリアルにかけたり、ココア・カフェラテ・シチューに入れたり、

お菓子を作る時に使ったりと洋風な食事を好む乳製品好きさんは

知らずしらずのうちに5杯分摂っているかもしれませんね。

では、なぜ牛乳を飲むとニキビにつながるのでしょうか?

牛乳の何がアカンの?

結論から言うと、こちら

①血液中の男性ホルモンが増えやすい
②腸内環境が乱れやすい

牛乳にはIGF-1(インスリン様成長因子)という成長ホルモンが入っているのですが、

「成長ホルモン」ですので細胞の成長を過剰に促したり、他のホルモンを刺激したりします。

しかも、

よりによって、

皮脂の分泌を活発にする男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌を促し

ニキビができやすい肌環境になると言われています。(1)

もう1つは、肌の健康に直結する腸内環境が乱れやすいということ。

具体的には、乳糖カゼインが関係しています。

基本的に日本人(アジア人)はお腹が弱い人多いですよね。

牛乳に入っている乳糖(ラクトース)を分解する酵素がない、もしくは少ない(弱い)人が多いです。

この乳糖を分解する酵素(ラクターゼ)は赤ちゃんの頃には皆あります。

が、大人になると酵素の働きが弱くなると言われています。

弱くなって分解できていないのに飲んでいると未消化のまま吸収され体中をめぐりますよね。

消化されていないものが血液中にあり体中をめぐると炎症が起こりやすいのです。

その炎症のあらわれの1つとして、ニキビがあげられます。

そしてもう1つ、牛乳に含まれるカゼインも消化が難しいタンパク質です。

こちらも消化がむずかしい上に、私達の体で元々作られるigf-1の量を増加させます。

つまり、

カゼインが引き金となって

ニキビのもとを作る男性ホルモンを増加させてしまうということ。

ちょっと怖い話になってしまいましたが、

これだけの根拠がある分牛乳をやめたことで良くなった人も多いのです。

牛乳やめたらニキビ治った 口コミ

サプリや薬よりも効くというのを見ると、食べているものの影響は大きいのだなと感じますね。

では、ここからは牛乳の代わりになるものを見ていきます。

これが一番難しいです、わかっているのにやめられないというやつです。

牛乳の代わりは何がある?

今では、たくさんの代替ミルクが出ています。

・豆乳
・アーモンドミルク
・オーツミルク(オーツ麦・えん麦)
・ライスミルク(米)
・ヘンプミルク(ヘンプシード)
・ココナッツミルク
・カシューナッツミルク

これらのミルクなら乳糖・カゼインを含んでいないので、ニキビにつながりにくいということ。

私が試した個人的な感想としては、以下の通り。

■豆乳 → 安価だが、珈琲に入れても存在感がありすぎる匂いと味でNG。飲みすぎはホルモンバランスが乱れる恐れあり
■アーモンドミルク → サッパリしすぎ&無糖だと美味しくない
■ヘンプミルク → 高額、味が独特すぎる
■カシューナッツミルク → 無糖だと美味しくない&日本では生のカシューナッツが調達しにくい
■ココナッツミルク →香りと味が独特

残されたのは、オーツミルクライスミルク

その中でもおすすめなのは無糖で、添加物なし or 少ないものです。

濃縮タイプやアーモンドペーストが原材料になっている商品も飲みましたが、

正直美味しくありませんでした。(人工的で)

その辺に売っているお値打ちの商品を買うと「まず~こんなものか」と思ってしまいますが、

そこで引き返すのはもったいない(と個人的には思います)。

なぜなら、植物性ミルクはメーカーによって味が大分違います。

水の割合が多いので、どのような水を使うかによって美味しさは変わってきます。

オーガニック系(イタリア)の商品は湧き水を使っているものが多いので、美味しいですよ!

では、ここからは私がいつも飲んでいる商品について見ていきます。

ブリッジ ライスドリンク

                   (引用:https://thebridgebio.com/product-catalogue/bio-rice-drinks/rice-natural/

原材料:天然水、オーガニックイタリアンライス、有機ひまわり油、海塩
参考価格(税込):583円(1L)/389円(500ml)/270円(250ml)

ライスドリンクなので、お米からできています。

お米というと甘酒のような、もしくはとぎ汁のような感じと連想しますが、

飲んでみた所、牛乳でもなく、米でもなく。

おいしい。代わりとしてイケる。ただそう思いました。

私はこの商品に出会い、脱ミルクとなり、脱ニキビとなりました。

ただ1つ不安材料があるとすれば、甘さがあること。

自然な甘さではありますが、

甘いのがとても苦手な人、珈琲に入れるミルクをお探しの方は次の商品の方が向いています。

マイナーフィギュアズ オーツミルク

原材料:水、オーガニックオーツ麦(12%)、オーガニックサンフラワーオイル(有機食用ひまわり油)、食塩、炭酸カリウム
参考価格(1L):800円程

オーツミルク(オーツ麦から作られている)の商品は様々ありますが、

こちらは珈琲専門会社がカフェオレを美味しく飲むために開発したオーツミルクなので、

そんじょそこらの商品とは違います。

私にとってカフェラテの美味しさを堪能&肌の治安を守れる商品なのでお気に入りです。

という訳で、今回は牛乳やめたらニキビが治る理由と代替アイテムについてでした。

まとめ

牛乳を飲むとニキビができやすい理由

①血液中の男性ホルモンが増えやすい(皮脂分泌が増えニキビができやすい)
②腸内環境が乱れやすい(肌の免疫力が下がる)

牛乳の代わりの代替ミルクは上記2つをクリアし、ニキビになりにくい。
オススメは無糖で原材料がシンプルなもの
個人的にはブリッジライスミルク or マイナーフィギュアズオーツミルクがおすすめ

牛乳の代わりならブリッジのライスミルク。さっぱりした甘さで無糖カフェオレ・ココアを楽しめます。
ブリッジのライスドリンク(ミルク)を試してから牛乳への未練がなくなりました。 カフェオレやココアには牛乳のまろやかさがほしい・・ 豆乳やアーモンドミルクではあっさりしすぎて・・代わりになるものが見つからない! と悩んでいま...

参考文献:
(1)https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15781674/

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました