meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"> ニキビの原因は食べ物? | さわらないニキビケア

ニキビの原因は食べ物?遅延型食物アレルギーの可能性について考えてみる。

ニキビと食べ物

あなたのニキビの原因の一つは食べ物かもしれません。

あらゆるニキビケア用品を試し、食生活にも気をつけ、睡眠もとり、運動もしている、でもニキビが治らない!

そんなあなたに疑ってほしいのが「遅延型(ちえんがた)食物アレルギー」です。

食べてすぐには反応が出ない為、知らず知らずのうちにニキビの原因となるものを自ら進んで食べていた!なんてことがあるかもしれません。

もしかして・・・と心当たりのあるあなたはぜひチェックしてみて下さいね。

<スポンサーリンク>

遅延型食物アレルギーとは?

その名の通り食べてすぐには反応の出ないアレルギーです。

早くても数時間、遅い場合は1週間以上立経ってから反応が出てくる場合もあります。

1週間後に反応が出ても、まさかあの時食べたものが原因だなんてよっぽど疑い深い人でないと気が付きませんよね。

昨日の晩御飯のメニューでさえ中々思い出せないのですから(笑)

では、詳しい内容について見ていきましょう。

即時性食物アレルギーとの違い

一般的な食物アレルギーというと、卵・小麦粉・そば粉、エビなどを食べた時に

じんましんや、赤み、かゆみ、咳などの反応が出るものというイメージですよね。

この場合、原因となるものを口に入れたらすぐに反応が出るので、

検査をしていなくてもアレルギーがあるのだということがわかります。

しかし、遅延型アレルギーの場合口に入れた瞬間の反応はありません

ですので、即時型の血液検査をしても陽性の結果が出ないのです。

体の中に入ってから時間が経ち消化・吸収されている時に、反応が出てきます。

なので、自分が食物アレルギーとは気が付かずに繰り返し食べてしまい、

悪化させている、原因に気が付かないケースがほとんどです。

次は、遅延型フードアレルギーで出る症状はどのようなものかについてです。

私は、え?これも?と驚きの連続でした。

どのような症状が出る?

・ニキビ、口内炎
・頭痛、腹痛、動悸
・膨満感、胃もたれ、眠気、むくみ、不眠、イライラ、だるさ

これらはほんの一例です。

皮膚に出るものから胃腸や気分、痛みをともなうものまで症状が多岐にわたっていて人によっても反応が違います。

イライラはただのおこりっぽい性格、胃もたれはただシンプルに胃が弱いだけ、

だるさについては生まれ持ったもの?体力不足?と思いますよね!?

私の場合小麦粉を食べると眠気がおそってきます。

「食べたら眠くなる」というのは血液が消化に使われているので当然のことだと思っていましたが、小麦粉を抜くと眠気もましになります。

ただ胃腸が弱いという体質だと捉えていましたが、遅延型アレルギーなのかもと思いました。

そして乳製品を抜いたらニキビが出なくなりました。

もちろん即時型の症状は出ておらず、遅延型アレルギーという言葉も知らずに腸内環境を良くするためにせっせとヨーグルトを食べていました。

これが逆にニキビを作ることになっていたと思うと切なくなりました。

ですので、悩んでいるあなたに届けたいと思ったのです。

ニキビについてはつい熱くなってしまいまして話がズレました。

次は遅延型食物アレルギーの検査についてです。

検査はどこで受けられる?費用は?

遅延型食物アレルギー検査をやっている病院は国内では少ないですが、あります。

検査は採血のみですが、日本では調べられる機関はなくアメリカの機関に委託する形となるので、

結果がわかるまでに2週間程かかります。

そして、その分費用も高額になり3万円はかかるようです。

しかし、わざわざ高額な検査を受けなくても特定の食品を控えればある程度目星(めぼし)がつくのではと思います。

例えば牛乳を1~2週間やめてみて体調の変化が出るかどうかチェックすることから始めるのはいかがでしょうか。

小麦粉断ち・乳製品断ちのツイートがありました。

皆さん症状が分かりやすく軽減しているようですね。


そして、遅延型の場合は全く食べられないということはありません

どの位食べれば症状が出てくるのかわかればたとえ好きな食べ物だったとしても食べ過ぎなければ大丈夫なわけで、上手く付き合うことができます。

次は、遅延型食物アレルギーになりやすい食品は何かお伝えします。

あなたもきっと心当たりのあるあの食品ですよ。

遅延型フードアレルギーになりやすい食品と対応策

人によってどの食品を食べると症状が出るか、同じ食品でも消化能力により違いはあります。

ここでは特にニキビの原因になりやすい遅延型食物アレルギーのものについて書いていきますね。

小麦粉


小麦粉というと、パン・パスタ・うどん・ラーメン・お菓子など私達の主食・おやつとして欠かせないおなじみの食品ですよね。

お値段も手ごろなのでつい登場回数も多くなってしまいます。

その分気が付きにくいのではないでしょうか。

小麦粉が合わない方の症状でニキビの他に多いのは、頭痛と胃腸障害だと個人的に感じます。

対策は和食中心のメニューにすることや、小麦粉の代わりに米粉を使い料理をする。

麺類はそばやフォーにする。お菓子はお煎餅や果物やナッツにするなど挑戦してみて下さい。

乳製品


洋食には牛乳や生クリーム・バターがたくさん使われていますね。

クリーミーで美味しいのですが日本人の8割は乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)という程体にとっては負担となる食べ物で、それだけ遅延型アレルギーである人も多いと思われます。

私の個人的統計によると乳製品が合わない方の症状でニキビ以外にも多いのは鼻炎だと感じます。

牛乳の代わりに豆乳やライスミルクでしのいでみて下さい。

アイスクリームにも含まれているのでお菓子も他のものにするなどしてみて下さい。

砂糖


砂糖は調味料の1つとして身近ですし加工品には大抵含まれていますね。

刺身のパックについているワサビにも入っていますよ。

砂糖は血糖値スパークという言葉もあるように、イライラや気分に影響していそうです。

中々0にすることは難しいと思うので白砂糖を使っているのなら、

まずはてんさい糖や黒糖、メープルシロップ、甘酒に置き換えるなどしてみて下さい。

私は砂糖は煮きったみりんで代用しています。

以上今回はニキビの隠れ原因である遅延型フードアレルギーについてみてきました。

最後にまとめます。

まとめ

遅延型食物アレルギーとは

・食べてから数時間~1週間以上立ってから症状が出るアレルギーの為気が付きにくい
・症状はニキビ・イライラ・頭痛・不眠・疲れやすいなど様々
・食べ過ぎなければ症状が出ない場合もあるので、コントロールしながら付き合うことが可能
・病院で採血のみで検査は受けられるが、高額(3万超)で結果がわかるまでに2週間はかかる
・ニキビの症状として多いと思われる原因物質は、小麦粉・乳製品・砂糖

身近な食べ物がまさかニキビの原因になっていたとはと驚く人もいるかもしれません。

「胃が弱くて合わない」のも「遅延型アレルギー」も同じですが、アレルギーとついていると食べない方がいいかもとより一層思うのは私だけでしょうか。

 

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました